top of page
Search
  • Writer's picture ダビッド トゥルーベック

オリーブ山について知っておくべき5つの重要なこと


オリーブ山(ハル・ハ=ゼイティーム)は、聖書の中で最も魅力的な場所のひとつです。神聖な場所とされ、タナフ(旧約聖書)と新約聖書の両方で言及されています。恐怖と希望がオリーブ山で衝突するのです。イエス(イェシュア)はそこで裏切りと十字架刑の前に祈りを捧げましたが、イエスが勝利して天に昇ったのもこの場所です(ルカ22:39-44、使徒1:11)。オリーブ山には、イエスの勝利の再臨の希望もあります(ゼカリヤ14:4)。オリーブ山は単なる聖書の歴史的聖地ではなく、未来に起こるべき神による救済計画の中心的舞台なのです。 オリーブ山はどこにあるのか?

オリーブ山はエルサレム市の東部に位置する山です。最高峰の標高は2,684フィート・818メートルで、エルサレムの旧市街を見渡すことができます。

オリーブ山は、その中腹にオリーブ畑が並んでいたことから名づけられました。現在でも、丘の中腹には樹齢2000年を超えるオリーブの木があります。また、オリーブの実を搾って王に油を注いだことから、「油注ぎの山」とも呼ばれています。イエスが裏切られる直前、オリーブ山にあるゲッセマネの園で、オリーブの木に覆われた下にひざまずいて祈られたことは、重要かつ象徴的です。王の王であるお方が、「人生における王の支配」を私たちが知ることができるように、と祈られたのです。 聖書のオリーブ山で何が起こったのか? キリストより1000年前、ダビデ王はエルサレムを追われ、自分の息子アブサロムに王として拒絶されました。ダビデはエルサレムを出て、キデロン谷を渡り(第2サムエル記15章23節)、オリーブ山に登ったとあります。ダビデは山に登りながら、自分自身のため、自分が経験した裏切りのため、また自分自身の罪深さのために泣き、嘆いたのです(第2サムエル記15:30)。 それから時を経て、オリーブ山はキリストの生涯の中心となりました。


イエスはオリーブ山で教え、しばしばオリーブ山に祈りに行かれました。ダビデのように、彼はエルサレムで拒絶されました。凱旋の後、キデロン谷を渡り、裏切りと逮捕の前日にオリーブ山に登りました。ご自身の罪深さではなく、私たちの罪深さを嘆き、祈り、涙を流されたのです。その後、復活の後にイエスはオリーブ山から天に昇られました(使徒1:11)。


聖書におけるオリーブ山について知っておくべき5つの重要なこと


1. オリーブ山は成就した預言の場所である。オリーブ山が重要なのは、いくつかのメシア預言がそこで成就したからです。タナフで預言されていた凱旋はそこで行われました。イエスはロバの背に乗ってエルサレムに入城されました(詩篇118:22、25-26、ダニエル書9:25、ゼカリヤ書9:9、16、マタイ21章)。イエスはオリーブ山から教えられ、再臨について預言されました「オリヴェ説教」(マタイ24-25章)。タナフで預言されたイエスへの裏切りと見捨ては、オリーブ山で起こったのです(詩篇41:9、ゼカリヤ13:7、マタイ26:31)。イエスの昇天も復活の後にオリーブ山で起こったことです(使徒1:9-12)。イエスは再臨するという預言的な約束を弟子たちに残して天に昇られました。


成就した預言は、私たちが聖書を信頼できることを思い出させてくれます。聖書は真実であり、信頼できるのです。メシアに関する預言はすべて成就し、同様に再臨に関する預言も成就するのです。


2. オリーブ山は祈りの場所である。

最後の晩餐の後、聖書は「イエスはいつものようにオリーブ山へ出て行かれた」(ルカ22:29)と記しています。「いつものように」という言葉は、オリーブ山がイエスがよく祈りに行かれた場所であることを示しています。


3. オリーブ山は希望の場所である。

ユダヤ教徒もキリスト教徒も、オリーブ山を希望の聖地と見なしています。ユダヤ人は、メシアがオリーブ山でイスラエルに来られると信じているのです。信者としてオリーブ山を見るとき、私たちはキリストにある希望を思い起こします。メシアは来られました。彼は私たちの贖いの源です。しかし、私たちには、メシアがすべての過ちを正してくださる再臨の希望もあります。イエスは天に昇られるとき、弟子たちに再臨の約束をされました。預言者ゼカリヤは、イエスがオリーブ山に再臨されると預言しました(ゼカリヤ14:4)。


4 オリーブ山は贖いの場所である。

イエスは十字架上だけでなく、ゲッセマネの園でも苦しまれました。この先に待ち受けるものと格闘されたとき、私たちの罪の代価は莫大なものであったのです(ルカ22:39-45)。それは”大きな苦しみの祈り” ですが、”キリストの従順によって成し遂げられたこと” に目を向けると、”贖いの栄光” が展開されているのが分かります。“私たちの罪の赦しの美しさ” です。

オリーブ山は、キリストが私たちの贖いの代価を払ってくださったことを思い出させてくれます。傷ついたり裏切られたりしたとき、オリーブ山を見て、イエスも同じように傷つき裏切られたことを思い出すことができるのです。そして今日これについて思い出しながら、私たちが人々に親切にするのは、彼らが私たちに親切にしてくださるからではなく、主が私たちに親切にしてくださるからなのです


5. オリーブ山は勝利の地である。

イエスが死からよみがえり、最終的に天に昇られたように、預言者ゼカリヤはある日、キリストの「足がエルサレムの東にあるオリーブ山に立ち、オリーブ山が東西に二つに割れて大きな谷ができる」(ゼカリヤ14:4)こと、そして「主が全地の王となられる」(ゼカリヤ14:9)ことを私たちに思い起こさせます。私たちの王イエスは勝利を収められたのです。主は勝利の王であり、その言葉通りに再臨され、天地万物を支配されます。

オリーブ山は、旧約聖書の預言者たちが預言したように私たちのメシアが来たり、義と正義をもって支配するために再び来られることを私たちに思い起こさせます。

聖地と日本のユダヤ人コミュニティにおける私たちのミニストリーのためにお祈りいただき、経済的なご支援をいただいていることに心から感謝いたします。皆様のご厚意は、多くのユダヤ人の生活に大きな影響を与えています。

エルサレムのオリーブ山が希望と回復力を象徴する大きな意味を持っているように、皆様のご支援のおかげで私たちのミニストリーも背筋を伸ばし、変化をもたらすことができました。私たちは共に、愛と希望と信仰を広め、ユダヤの人々に福音をもたらすのです。

皆様の揺るぎない献身に感謝いたします。

信仰による兄弟である、

デイビッド・トゥルーベック

318 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


Post: Blog2_Post
bottom of page