top of page
Search
  • Writer's picture ダビッド トゥルーベック

スコット:シンボリズム(象徴しているもの)とその将来の成就




ユダヤ教の祝日であるスコットは、贖罪の日(ヨム・キプール)の5日後にあたります。スコットはまた、「仮庵の祭り」または「幕屋の祭り」とも呼ばれます(レビ記23:33-43)。「幕屋(テント)」とは、ユダヤ人がこの祝日に住むように命じられた仮住まいのことです。スコットは「喜びの季節」とも呼ばれますが、それには理由があるのです!


多くのユダヤ教の祝祭日がそうであるように、スコットにもさまざまな意味があります。


1つ目は農業的な意味であり、幕屋は古代の農作業者が収穫をもたらすためにどのような生活をしていたかを思い起こさせます。第二の意味は歴史的なもので、イスラエルの子どもたちが砂漠をさまよい、仮設の避難所で生活していた40年間を記念する祝日です。


しかし、もう一つの意味はメシアにおいて成就しました。なぜなら、イエス様と幕屋の祭りの間には素晴らしいつながりがあるからです。それは、スコットに関連する王国の約束です。預言者ゼカリヤはこう宣言しています。


「エルサレムに攻め寄せたすべての国々のうち、残っている者は皆、年ごとに上って行って、万軍の王である主を礼拝し、幕屋の祭りを守るようになる」(ゼカリヤ14:16)。


イエス様と仮庵の祭りとのメシア的つながりを理解することは、イエス様の受肉の神秘を理解することにもつながるのです。


「ことばは肉となって、私たちの間に住まわれた。私たちは、この方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまこととに満ちておられた。」(ヨハネ1:14)。


ギリシャ語で "住まわれた "とは、"幕屋に住んだ "という意味です。イエス様が肉体となられたとき、イエス様は地上の肉体という一時的なシェルターに住まわれたのです。すぐに肉体を離れなければならなくなると知っていながら。なぜそうされたのか?それは、私たちがイエス様のうちに家を見いだすためなのです。荒野の一時的な避難所ではなく、永遠にとどまる御国の中に永遠の家を見いだすためなのです。


聖書の中のスコット


レビ記23:33-36, 39-43

民数記29:12-34

申命記16:13-15

エズラ記3:1-4

ネヘミヤ8:14-15


新約聖書:ヨハネによる福音書7章と8章はスコットから来ています。


メシア的適用

スコット(仮庵の祭り)が刈り入れを強調するのは、まぎれもなくメシアの王国の約束の成就と結びついているのです(ゼカリヤ14:16-19)。さらに、神の庇護する幕屋というテーマは、黙示録21:3で最も完全に表現されています。"...見よ、神の幕屋は人々と共にあり、神は彼らと共に住まわれる..."。

117 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page