Search
  • Victoria Trubek

テルアビブにまつわるストーリー

テルアビブは1909年4月11日に設立されました。その日、ヤッファ(テルアビブの地区)の外にある砂丘に数十の家族が集まり、アフザット・バイート(後のテルアビブ)と呼ばれる新しい地区に土地を割り当てました。移住予定の家族は土地の割り当て方法を決めることができなかったため、公平な区分を確保するために抽選を行いました。 抽選委員会の会長であり、市の創設者の一人であるアキバ・アリエー・ワイスは、66枚の灰色の貝殻と66枚の白い貝殻を集めました。ワイスは白い殻に参加者の名前を書き、灰色の殻に割り当て番号を書きました。彼は白と灰色の貝殻をペアにして、各家族に番号を割り当て、彼らは最初の近代的ヘブライ都市の建設を始めました。


当時はユダヤ人移民の最盛期-第二次アリヤー(「アリヤー」はヘブライ語で「上る」の意。ユダヤ人のイスラエル移住を指す。)でした。古い港町であるヤッファの周辺は人口過密になり、混み合っていました。 新移民の多くは、以前住んでいた場所のような環境を構築しようと努めた中産階級出身のヨーロッパ人でした。彼らはヤッファ郊外に近代的な町を建設したかったのです。


1932年、ヨーロッパでの迫害から逃れるユダヤ人移民の大規模な波によって都市は再び変容し、移民が到着すると42,000人の小さな町が1936年までに人口13万人の繁栄都市へと急速に拡大しました。1934年、この波(第五次アリヤー)の只中、テルアビブは都市として宣言され、最初の市長として評議会議長メイア・ディゼンゴフが着任しました。


1930年代には、テルアビブは国内最大の経済の中心地となり、多くの社会的および文化的機関が置かれました。テルアビブはヘブライ文化の中心地であり、今日もそうです。

ヤッファの奇跡−新約聖書におけるグシュ・ダンの霊的目覚め


使徒伝9章32-43節には、神がペトロを通してルダ、サロン、ヤッファの町で奇跡を行ったことが書かれています。これら全てのテルアビブ近郊にある地域はヘブライ語で「グシュ・ダン」と呼ばれています。



35節:ルダとサロンに住む人々はみなアイネアを見て、主に立ち返った。

42節:このことがヨッパ(ヤッファ)中

に知れ渡り、多くの人が主を信じた。




これらの地域において神がなされたことを知ることに興奮を隠しきれません。エルサレムやガリラヤだけでなく、テルアビブの地域でも福音が広がったのです。


私たちは、神がこの時代にも素晴らしい奇跡と多くの救いを行うことができると信じ、何年にもわたってグシュ・ダンの地域で奉仕してきました。

時には、テルアビブを創設した家族たちのように、私たちはこの土地でイェシュアを信じる小さな群れであると感じます。誰が砂丘の上に立って、いつの日か都市ができると完全に信じて区画を分けたでしょうか。


ですから、私たちは、「イスラエルはみな救われる」という神の約束を完全に信じて働きます!


こうして、イスラエルはみな救われるのです。ローマ11:26


6年前、私たちはエルサレムを出て、テルアビブで奉仕するためにグシュ・ダンに引っ越しました。テルアビブは罪と汚れの都市であると多くの人が言いますが、私たちは常に、神がこの地域に素晴らしい計画を持っていると信じてきました。


ローマ5章20節は、「しかし、罪の増し加わるところに、恵みも満ちあふれました。」と述べています。


テルアビブ地域のためにお祈りください。神は彼らの霊的な渇きを満たすでしょう。












5 views0 comments