Search
  • ダビッド トゥルーベック

ハヌカの物語



ハヌカの物語は、ギリシャが世界を侵略したときに始まります。アレクサンダー大王が亡くなると、彼の帝国は4人の有力な将軍に分割されました。その中にセレウキスという将軍がいました。セレウキスは、イスラエルを含む地域で戦い、勝利しました。セレウキスの後継者であるアンティオコス4世は、やがてその地域を支配するようになりました。彼は早速、ユダヤ人を迫害する厳しい手段に出ました。迫害の内容は、神殿にヘレニズムの祭司を配置することから、ユダヤ人の宗教的表現を禁止すること、さらにはユダヤ人を完全に殺害することにまで及んでしまったのです。



重要な点は、アンティオコスのユダヤ人に対する戦いは、政治的な理由による戦いではなく、ユダヤ人の信仰に対する戦いだったということです。


アンティオコスの計画は、唯一の神に対するユダヤ人の信仰を破壊し、神についての言及をすべて根絶することでした。



アンティオコス・エピファネスの命令と迫害は、ユダヤ人国家の存続を危うくするものでした。エピファネスが支配した最初の年にすでに命令が始まっており、ユダヤ人の抵抗がありましたが、激しく弾圧されました。そして紀元前167年、ハスモン人のマティアスを中心とした反乱がモディインの町で起こったのです。


マティアスとその部下たちは、レギオンの前では成功の可能性がゼロに近いことを知っていました。しかし、彼らの目的は勝利することではなく、世界の創造主への信仰を消滅させようとする試みに屈せず、いつの日かメシアがイスラエルの人々を救うためにやってくるという希望を持ち続けることだったのです!


ハスモン人は3年間、アンティオコス・エピファネス王の軍隊と戦い、紀元前164年のキスレブ月にエルサレムを占領することに成功しました! これは大きな奇跡でした。弱いもの、小さいものが、強いもの、大きいものに打ち勝ったのです。

その後、ユダヤの伝統によれば、別の奇跡が続きました。マカビー家がギリシア人に勝利した後、ユダヤ人は神殿を清めて聖なる礼拝を新たにするために神殿に向かったのです。ハスモン人が神殿を清め、黄金のメノラーを灯そうとしたところ、黄金のメノラーを灯すための特別な油を入れていた容器がすべて粉々になっていることに気がつきました。。その結果、聖なるメノラーに火を灯すことができなかったのです。驚いたことに、彼らは片隅に1日分の油も入っていない小さな器を見つけました(伝承によると)。その時、奇跡が起こりました。その器に入っていたわずかな油は、新しい油を作るのに必要な8日間分の黄金のメノラーを灯すのに十分な量だったのです!


この奇跡を忘れずに、私たちはハヌカのキャンドルを灯します。


私にとってハヌカは単なるイスラエルの祭日ではなく 、

イェシュアを信じるすべての人が喜べる祝日です。私が言いたいのは、もしアンティオコス・エピファネスがイスラエルの神への信仰を破壊し、彼らを偶像崇拝者に変えることに成功していたら、すべてのギリシャ人とユダヤ人の日常生活は破壊されていただろうということです。そうなれば、誰がダビデの家のユダヤ人メシヤを待っていたでしょうか。仮に、すべての聖典がギリシャ兵の手によって破壊されたとしましょう。神がユダヤ人の家長たちに与えた予言や約束がなければ、どうやって真のメシアを発見できたでしょうか。



神の介入と奇跡のおかげで、私たちはハヌカを祝うことができ、聖書も保存されています。聖書からは、メシアがどこで生まれたのか、どの家から来るのかなど、細かい点まで知ることができ、これらの点から真のメシア、生ける神の子、イスラエルの王を知ることができます。


ハヌカの祝い方


📷 Sharon Gabay -Photography

ハヌカの最も素晴らしい伝統の一つは、メノラーに火を灯すことです。


他のユダヤ教の儀式と同様に、ハヌカのろうそくの点灯には特定の順序があり、それに伴う祝福があります。


ハヌカの8日間の夜のうち、1日目には、ハヌカのメノラー(ハヌッカイアとも呼ばれる)に2本のろうそくだけが置かれます。シャマシュ(「助け船」の意)と呼ばれるろうそくは、それぞれ決まった場所(通常は中央)に置かれ、もう1本のろうそくも置かれます。毎晩、もう1本のロウソクが追加され、最後の8日目の夜には、シャマシュと他の8本を加えた9本のロウソクに火が灯されます。


ロウソクはメノーラの中に右から左へと置かれますが(ヘブライ語が右から左へと書かれるように)、火は左から右へとつけられます。シャンマシュのロウソクは必ず最初に火をつけ、それを使って左端のロウソクから順に火をつけていきます。(一番新しい夜を表すロウソクを最初に灯すようなイメージです)。


ロウソクに火をつける前(ただし、メノラーに入れた後)に、3つの祝福を唱えます。


1. .あなたを讃えます。

私たちの神、宇宙の支配者よ。あなたの御子メシアによって私たちを聖なる者とし、私たちにハヌカの火を灯す機会を与えてくださいました。


2..あなたを讃えます。

私たちの神、宇宙の支配者よ。あなたはその昔、この季節に、私たちの祖先のために不思議な御業を行われました。


3.. 私たちの神、宇宙の支配者、私たちに命を与え、私たちを支え、私たちがこの季節を迎えることを可能にしてくださったお方、あなたを讃えます。


4..そして、この4つ目の祈りは、私たち個人の家族の為の祈りです。あなたも霊的に私たちの家族に加わり、ハヌカの8日間にずっと私たちと一緒に祈ることができます!


主よ、あなたがユダヤ人の敵よりも強力であること、を思い出させてくれるハヌカの光の美しさを感謝します。主よ、あなたが約束を守り、世の光である御子イェシュアを私たちのメシア、そして世の救い主として遣わしてくださったことを感謝します。私たちが主の光をすべての人に照らすことができるように助けてください。特に今日は、多くの人が愛する人を失って苦しんでいます。ピッツバーグで起きた銃乱射事件で命を落とした人たちの傷ついた家族や友人の心に、主が慰めを与えてくださるよう祈ります。私たちが無意味なものに意味を持たせることができるように助けてください。あなたは正義であり、慈悲深く、恵み深い神です。なぜ罪のない人々にこのような恐ろしいことが起こるのか理解できないとき、あなたを信頼することができるように助けてください。昔、あなたが選んだ人々を守ったように、主よ、あなたの聖なる目的のためにユダヤ人を守り続けてください。 私たちのメシア、世の光であるイェシュアの御名において。アーメン!

133 views0 comments