Search
  • ビクトリア トゥルーベック

ハヌカーの奇跡

Updated: Jan 16, 2021

ハヌカーはユダヤ人の光の祭典であり、エルサレムの第二神殿が清められたことを記念しています。この出来事はイエスが生まれる前の紀元前160年頃に起こりました。(ハヌカーはヘブライ語とアラム語で「奉献」という意味です。)ハヌカーは8日間続き、ユダヤ暦キスレーウの月の25日から始まります。ユダヤ暦は太陰暦(月の満ち欠けを用いた暦)を用いているため、年によってキスレーウは11月後半から12月後半にかけて始まります。


ハヌカーは聖書的な祝日ではありませんが、新約聖書にはハヌカーについて触れられている箇所があります。私たちはイエスがハヌカーの期間にエルサレムに来られたことが分かります。(ルカ書22:23)


この祝日の主な意味は、光が闇を照らしているということです。それは、神が奇跡を行われて、神殿のメノラーに火を灯すのに1日分しかなかった少しの油で8日間も燃え続けたということからも見て取れます。


「この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。」ヨハネ1:4−5







51 views0 comments