Search
  • ダビッド トゥルーベック

ホロコースト・ゲットー生存者クラブ代表エスフィルに聞く (インタビュー)


🔘エスフィールさんへ ご自身のことを少しお聞かせください。


私の名前はエスフィル・ゲルシュマンです。 ドネツク州のアルテモフスクという町から来ました。 そこで生まれ、戦前もしばらくそこで暮らしていました。 戦争が始まると、私の親戚の何人かは逃げ出しました。 何人かは避難し、私の母は父の両親と一緒に残りました。 両親はとても高齢で、母は彼らを残していくことができませんでした。 ドイツ軍が来た最初の日、彼らは私の祖父と祖母を銃殺し、母を労働キャンプに連れて行きました。 母は、まだ4歳半だった私をどこにでも連れていってくれました。 たまたま、母が連れて行かれたとき、私と母はずっとゲットーにいたんです。 母は収容所で働かされることになったのです。 身体的に働けなくなると、生き埋めにされました。 私はゲシュタポの事務所に連れて行かれました。 私たちは全員並ばされ、森まで行進させられました。 後になってわかったことですが、私たちをそこへ連れて行ったのは、すでに死人の入った穴があったからです。 発砲が始まった時は、まだ穴まで200~300メートルありました。 森の中の道だから、森と空からの砲撃です。 私たちは皆、パニックになりました。 すると、見知らぬおばあさんが私の腕をつかんで、森の中を逃げていったんです。 私たちだけでなく、他の人たちも、なんとか逃げ延びた人たちがいました。 射殺された人もいました。 私たちは何日か森の中で過ごしました。私は怖くて、寒くて、お腹が空いていました。 数日後、夜陰に乗じて私たちは森を後にしました。


🔘1942年の都市では、どんな食べ物が手に入ったと思いますか?


ジャガイモ一個と小麦のパンは贅沢品でした。 街を歩けないので、地下に入れられました。 夜中に散歩に行き、昼間は地下室に座っていました。もし私が堂々と歩いていたら、間違いなく連れて行かれていたでしょうから。 しかし、私が連れてこられたおばあさんは、明らかに賢い女性でした。 私は小さい頃、黒髪の巻き毛だったので、教会に連れて行ってもらい、洗礼を受け、アルメニア人であることを告げ、私に姓を与えてくれました。


終戦後、市当局は、戦前に私たち家族の隣人だった3人の女性を見つけ、私が誰の子であるかを証明するために市議会を訪れました。 私は出生証明書を手に入れました。 私は成長し、1955年に産院に勤めるようになりました。 15年勤めた後、救護班の責任者になりました。 結婚して、息子と娘の2人が生まれました。 1996年、私たちは荷物をまとめて故郷のイスラエルに移住することにしました。


🔘そして、スデロット(イスラエル南部の都市 )に来られたのですね。


いや、最初はイスラエルのホロンに来たんです。 2週間ほど住んだのですが、そこのアパートが500シェケルもしたんです。 そんな余裕はない。 スデロットにウクライナの友人がいたので、彼女に電話して、「500シェケルも払えないけど、どうしたらいい? 」と聞きました。彼女は「スデロットに来る?」と誘ってくれ、 私は何処にでも行きたいと言いました。 それで、今私達はここにいるんです。


🔘スデロットのことを教えてください。


私は、ここスデロットのホロコーストとゲットーの生存者のクラブを率いて、すでに16年になります。 80~90歳の若い人たちが中心です。 最近、92歳、93歳、98歳の方が亡くなりました。 高齢で病気の人たちですが、何かイベントがあるたびに、「あきらめないで、元気を出して!」と言っています。 でも、そんなことはありません。 カッサムロケットやグラッドロケットを60発も打ち込まれたこともありました。それらは私たちの街に向けて発射されました。 私たちはパンを買いに行くこともできず、アパートでじっとしていました。 ちなみに、各アパートには防空壕があります。 私たちはまったく静かにしていました。 しかし、「チョーズンピープルミニストリーズ・イスラエル」という組織が、私たちのためにすべてを捧げて、大きなトラックで食料を運んできてくれたのです!

この団体は、私たちを本当によく助けてくれます。 毎月の食料品だけでなく、アパートの掃除も手伝ってくれます。 ここの人たちは、とても高齢で、病気の人たちです。 つい最近も、素晴らしい若者たちが来てくれました。 彼らは掃除を手伝ってくれました。 しかし、この団体が行っていることはそれだけではありません。 ツアーやさまざまなイベントを企画し、その費用はもちろん彼らが負担してくれています。 ありがとうございます。


🔘あなたにとって、チョースンピープル・ミニストリーズは精神的にどのような存在ですか?


手伝ってくれる人たちやボランティアの人たちに、本当にありがとうと言いたいです。彼らはとても素晴らしいことをします。普通にできることもありますが、魂を込めてやることもあります。


彼らは本当に魂を込めてやってくれています。物質的なことだけではありません。フェローシップで交わされる会話から、私は神についてより多くを学びました。


私はただ、バルーフハシェム、神よ、ありがとう!(バルフ・ハシェム ! Baruch HaShem!Thank G‑d!) としか言いようがありません。主をほめたたえます。朝は目覚めのために、夜は今日も一日生き抜いたということのために、朝も夕もバルーフハシェム!と言います。


何世紀もの間、多くの人々が私たちユダヤ人を滅ぼそうとしましたが、彼らは成功しなかったし、これからも成功しないでしょう。そして、あなたに千の感謝を、ありがとう! トダラバ!(トダ・ラバ 、toda raba、thank you!)

私はただ、バルーフハシェム(神

201 views0 comments