Search
  • ダビッド トゥルーベック

ヨム・ハーツマウトはイスラエルの独立記念日です。


ヨム・ハーツマウトとは、イスラエルの独立記念日です。毎年、ヘブライ暦のイヤルの月の5日に、1948年にイスラエルが独立を宣言した日に、盛大に祝われる記念日です。イスラエル全土で、独立を記念するイベントや祝典が行われ、すべての市町村で何らかの祝典が行われます。2022年のヨム・ハーツマウト(イスラエル独立記念日)は、5月4日の日没から5月5日の日没までとされています。 戦没者記念日 意外と知られていないのが、イスラエルの独立記念日の前に、ヨム・ハジカロンという国の記念日があるということです。イヤルの月の4日、イスラエルは国を守るために命を落とした人々、つまり戦死した兵士やテロ攻撃からイスラエルを守るために命を捧げた人々を追悼する日です。


一見すると、この二つの祝日がカレンダー上で隣り合わせになっているのは奇妙に思えるかもしれません。しかし、実はこの2つの祝日は美しい組み合わせなのです。この2つの祝日は、取り返しのつかないほど互いに絡み合っているのです。ユダヤ人国家のために命を捧げた兵士たちがいなければ、イスラエルは生まれなかったでしょう。祖国を守るためにすべてを犠牲にした兵士たちがいなければ、今日のイスラエルは残っていなかったでしょう。


ご存じのように、イスラエルが主権国家としての独立を宣言した翌日の1948年5月15日、周辺諸国はイスラエルに宣戦布告しました。イスラエル独立戦争は、別名「アラブ・イスラエル戦争」とも呼ばれ、1年以上続きました。1949年半ばに各侵略国と個別に休戦協定が結ばれた時点で、6,373人のイスラエル人がイスラエルの自由のために命を捧げました。その後、数十年にわたり、多くの人々が祖国を守るために命を落としました。


まず、イスラエルは戦没者に敬意を表します。そして、彼らの犠牲によって可能となり、維持されてきた功績を称えます。 Yom HaAtzmaut - イスラエルの独立記念日



📷Yosi Vaknin - Art Gallery



厳粛なメモリアルデーの後、イスラエルの独立記念日は、イスラエルの自由と国家としての多くの功績を喜びをもって祝います。


「その功績は実に素晴らしいものです。イスラエルは建国から1世紀足らずで、この地域の大国となり、近代的で繁栄した民主主義国家となりました。世界の国や社会に関するほとんどすべての測定において、ユダヤ人国家は、特にその小ささを考慮すると、何世紀にもわたって存在してきた国々と並んで上位に位置するのです。これらのことが、常に安全保障上の脅威にさらされ、そのうちのいくつかは文字通り初日から始まっていたという事実を考えるとき、驚きと畏敬の念はさらに大きくなるのです。



楽しい一日

📷Moshe Chitayat

この日は、主要都市でパレードや国旗掲揚、無料のパブリックショーが行われます。家族連れでハイキングに出かけたり、ピクニックを楽しんだりする人も多くいます。軍隊の基地が開放され、イスラエル大統領も演説を行います。祭りの最後には、聖火の点灯式が行われ、イスラエルの文化、科学、芸術、人文にユニークな貢献をした個人を称える「イスラエル賞」の授与が行われます。


今日、イスラエルが国家として存在することは奇跡です。それは神の計画であり、神に選ばれた民の保存に神が手を貸したことの証明です。どうかこの特別な日を私たちと共に喜んでください。


"独立記念日おめでとう、イスラエル!"

137 views0 comments