top of page
Search
  • Writer's picture ダビッド トゥルーベック

反ユダヤ主義

日本の地に迫り来る脅威を防ぐ

この写真では、ミネソタ州ミネアポリスにあるCPM センターへのヴァンダリズム(破壊行為)が見られます。



「反ユダヤ主義は増加の一途をたどっています。1935年、英国の著名な作家ジョージ・オーウェルが「英国における反ユダヤ主義」と題したエッセイの中で述べたこの言葉は、2023年現在でも真実です。


英紙『ガーディアン』はこう述べています:

「西側世界でユダヤ人に対する虐待や暴力的な攻撃の数は、記録的なレベルに達している。」


増大する脅威


反ユダヤ主義は、蔓延するウイルスのように定着し、ますます憂慮すべき速度で広がっているように見えます。その顕著な例が、3月にスイスのルガーノで起きたシナゴーグへの放火事件です。悲劇的なことに、ユダヤ人経営の商店を狙った放火も重なり、シナゴーグの図書館は破壊されてしまいました。


フランスやドイツでのこのような破壊的行為については聞き慣れていますが、スイスでの発生には深い不安を覚えます。世界ユダヤ人会議(World Jewish Congress)は、このような事態を注意深く見守っています: 「ヨーロッパにおける反ユダヤ主義は、近年急激に増加している。[ヨーロッパにおける反ユダヤ主義は、ここ数年で急激に上昇し......第二次世界大戦後、見たこともない水準にある」。


人権に関する国内協議委員会の最近の報告書は、2023年にヨーロッパで反ユダヤ主義事件が件数、深刻さともに劇的に増加することを強調しており、深い憂慮を禁じ得ません。


こうした不穏な動きは、ヨーロッパ人の圧倒的多数、あるいは単純多数がユダヤ人に対する憎悪を抱いていることを示しているのでしょうか?世論調査はそうではないことを示唆しています。フランスでさえ、ほとんどの人が反ユダヤ主義を否定しているのです。しかし、少数派の憎悪主義者がますます増長していることは否定できません。


この反ユダヤ主義増加の大きな要因のひとつは、イスラエル政府に対する敵意の高まりと、メディアによるイスラエル批判の嵐です。イスラエル人を含む多くの個人が「忠実な反対派」の一員としてイスラエル政権を合法的に批判している一方で、批判者の一派が、宗教的・民族的憎悪を隠蔽するためにこの批判の高まりを利用していることは否定できません。この憎悪は、正当な建設的批評とはほとんど関係がないのです。


信者としての私たちの役割


メシアを信じる者として、私たちはこの憂慮すべき傾向と闘う重要な責任を負っています。まず家庭で、ユダヤ人のために祈り、イスラエルへの支持を示すことが私たちに課せられた使命です。ユダヤ人国家に対する根拠のない非難を論破し、ソーシャルネットワークを使って真実を明らかにすることで、私たちはCPMジャパンの教育活動を支援することができます。私たちは、この憎悪のウイルスが日本社会に蔓延するのを防がなければなりません


私たちは、宗教的・民族的憎悪がその醜い頭をもたげるところであればどこでも、ユダヤ人に対するものだけでなく、あらゆる対象に対して反対の立場をとらなければなりません。日本におけるメシアの体は、その言動が嘘の支配者への忠誠を示す者たちに対抗する預言的役割を担っているのです。



団結と揺るぎない決意のもとに、私たちはこの時代の課題に立ち向かい、暗闇を照らす光明となりましょう。



デイビッド・トゥルーベック

117 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page