Search
  • ダビッド トゥルーベック

幕屋: 贖いのストーリー


出エジプト記25:1-27:19で、モーセはシナイ山で神が示された幕屋の計画を概説しています。 多くの点で、幕屋はメシア・イエスの人と業を指し示す聖書の型です。それが、幕屋を理解することが非常に重要であると私が考える理由の一つです。


では、幕屋の構成要素を調べて、それがなぜ主のために生きようとする人にとって重要なのかを「こっそり」説明しましょう。

祭壇― ミズベア



祭司の主要な役割の一つは、幕屋(やがて神殿)の祭壇で神に犠牲を捧げることでした(出エジプト27:1-8)。贖罪のために必要な生け贄の重要性を過小評価することはできない。レビ記17:11にこうある。肉の命は血の中にあるから、わたしはあなたがたの魂の贖罪のために、これを祭壇に供えた。それは、命のゆえに、血によって贖罪を行うからである。【実に、肉のいのちは血の中にある。わたしは、祭壇の上であなたがたのたましいのために宥めを行うよう、これをあなたがたに与えた。いのちとして宥めを行うのは血である。】[レビ記 17:11]


イェシュア はご自分を生け贄として捧げた神の子羊であり、その死によってイスラエルと全世界の罪が贖われました。【その翌日、ヨハネは自分の方にイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の子羊。(ヨハネ1:29)】

私たちは、神が私たちの救いのために御子を犠牲にしてくださったことに感謝しています。メシアに従う者として、私たちも犠牲の奉仕に身を捧げることが私たちの霊的な義務です(ローマ人への手紙 12:1,2)。【ですから、兄弟たち、私は神のあわれみによって、あなたがたに勧めます。あなたがたのからだを、神に喜ばれる、聖なる生きたささげ物として献げなさい。それこそ、あなたがたにふさわしい礼拝です。

この世と調子を合わせてはいけません。むしろ、心を新たにすることで、自分を変えていただきなさい。そうすれば、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に喜ばれ、完全であるのかを見分けるようになります。ローマ人への手紙 12:1】

洗盤― キヨール


祭司は犠牲を捧げる前に、水盤で身を清めるように命じられました(出エジプト30:17-20)。この律法は、私たちが礼拝する前に清くなければならないという重要な教訓を教えています。私たちの霊的生活における清めと浄化の重要性を、この 水盤は教えているのです。実際、イスラエルと世界が必要としているきよめは、水浴びによって生み出されるのではなく、イエスの血潮によって洗われ、きよめられるのです。私たちが信仰によって経験する、イエスの罪のための犠牲による完全なきよめを、この水盤は指し示しているのです。


預言者が「その日、ダビデの家とエルサレムの住民のために、罪と汚れをきよめる一つの泉が開かれる。」(ゼカリヤ13:1)と書いたとき、主はメシア・イエスの死を念頭に置いておられたと私は思うのです。


この終末の清めは、ユダヤ人が刺し貫かれた方に立ち返るときに起こります。[ゼカリヤ書 12:10]


わたしは、ダビデの家とエルサレムの住民の上に、恵みと嘆願の霊を注ぐ。彼らは、自分たちが突き刺した者、わたしを仰ぎ見て、ひとり子を失って嘆くかのように、その者のために嘆き、長子を失って激しく泣くかのように、その者のために激しく泣く(ゼカリヤ12:10)。すでに主を知る私たちは、私たちが罪を告白し、主の贖いの血の力を再び体験する時、神が日々私たちを赦し、きよめてくださることを理解しています。

もし私たちが自分の罪を告白するなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます。(1ヨハネ1:9)。



燭台― メノラ



今日のシナゴーグにある「永遠の光」(ネルタミッド)は、神殿で燃やされたメノラーを思い起こさせるものです。神はイスラエルに幕屋で絶えず灯りをともすようにと言われました(出エジプト記27:20-21)。この永遠の光は、神の永遠、栄光、聖なる御性質を指し示しています。神はその属性と性質において不変の存在です。永遠の光は、アブラハム、イサク、ヤコブの神が永遠に存在し、その御子が同じ性質を共有していることを思い起こさせるのです。それゆえ、ミカはメシアの「出で立ちは、遠い昔から、永遠の昔から」(ミカ5:2)と書いているのです。


臨在のパン― レヘム・パニーム


古代中東でも今日でも、食事は個人間の親密さと友情の究極の表現です。「臨在のパン」は、私たちが神と分かち合うことのできる食事を指し、王の王との親密さと友情の潜在的な深さを語っているのです。イスラエルは幕屋のテーブルの上に常にパンを置くことになっていました(出エジプト記25:23-30、レビ記24:5-6)。


イェシュアは、私たちが主とのこの関係に入り、楽しむことができる道を開いてくださったのです。私たちは、イェシュアの犠牲によって、全能で聖なる宇宙の神に赦されて友となったのです。

わたしはもう、あなたがたをしもべとは呼びません。しもべなら主人が何をするのか知らないからです。わたしはあなたがたを友と呼びました。父から聞いたことをすべて、あなたがたには知らせたからです。(ヨハネ15:15)。

この方にあって、私たちは、食事を共にする友人のように、自由に神と交わることができるのです。そして、メシアが花嫁と食事をされる小羊の婚宴を喜びをもって待ち望んでいます(黙示録19:9)。

水盤と祭壇は、すべてのものの創造主である主との永遠の交わりのために、私たちの心を美しく整えてくれるのです。

香の祭壇― ミズベア・ハ=ケトレット


執り成しの祈りもまた、司祭の特別な責務でありました。神は、彼らの祈りが地と天の間に漂うことを象徴するために、幕屋で絶えず香をたくよう指示されました(出エジプト記30章1〜10節)。


もちろん、祈りは私たちの霊的生活にとって重要です。祈りは私たちと主との間のコミュニケーションラインなのです。私たちは、典礼的に祈ることもあれば、自発的に祈ることもあり、定型句があってもなくてもよいのです。祭司が絶えず香をたいていたように、私たちも絶え間なく祈らなければなりません(1テサロニケ5:17)。

垂れ幕― パロヘット


このベールは聖所と至聖所を仕切る幕でした。(出エジプト記26:31-33)。年に一度、大祭司はヨム・キプール(贖罪の日)の犠牲を捧げるために至聖所に入りました(レビ記16章)。


これは、信じる者は皆、十字架上のイェシュアの義の業を信じる信仰によって、聖なる場所に入ることができるというしるしです(ローマ5:1-2、ヘブライ10:19-20)。健全な霊的生活の重要な要素の一つは、私たちがメシアを通して神に近づくことができることを認識することです。私たちと神との間には、何ものも立ちはだかることはできないのです。私たちはただ、神の贖いの血によって清められた者たちが、祈り、聖書を読み、交わり、黙想、従順を通して育む「神の臨在へのこの驚くべき特権的なアクセス」を利用する必要があるのです。


(契約の)箱― アロン



出エジプト記25:10-22で、神はイスラエルの民に神の箱をどのように作るかを告げました。その中には、神が十戒を書かれた二つの石板(申命記10:1-5)、アロンの花咲く杖(民数記17:1-11)、マナの壺(出エジプト記16:33-34)などが含まれています。これらはすべて、神がユダヤの民に忠実であることを証しするものであったのです。これらのものは、神の言葉、神の変容の力の奇跡、神の備えを思い起こさせる重要なものであり、大祭司に他の国民に対する義務がなぜそれほど重大であるかを思い起こさせるものであったのです。


イェシュアは神の箱の中の3つの品物にそれぞれに象徴されています。マナについては、「わたしは天から降ってきた生けるパンである」(ヨハネ6:51)と言われました。アロンの杖は神の力の決定的な象徴であり、イエスが地上の神であることを表しています。「わたしと父とは一つである」(ヨハネ10:30)。最後に、石板に象徴される神の言葉は、メシアの中にその最大の成就を見出します。[ヨハネの福音書 1:14]ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。(ヨハネ1:14)。


宥めの蓋― カポレット


慈悲の座は、古代イスラエル人にとって最も重要な幕屋の家具の一部です。慈悲の座は、聖なる場所で箱の上に置かれていました(出エジプト記25:17-22)。慈悲の座は、贖罪の中心であると考えることができる。大祭司が年に一度、イスラエル国民全体のために贖罪を求めるために聖なる所に入るとき、血を振りかける場所であったのです(レビ記16:14-15)。


イェシュアは全人類のために一度死なれ、その一つの犠牲はすべての時に十分である(ヘブル9:11-14)。彼の血は信じる者すべてを完全にきよめます。しかし、それは私たちの完全な大祭司としての働きの終わりではなく、イエスは天において絶えず私たちのためにとりなしてくださっているのです。ヘブル人への手紙の著者が書いたように、したがってイエスは、いつも生きていて、彼らのためにとりなしをしておられるので、ご自分によって神に近づく人々を完全に救うことがおできになります(ヘブル7:25)。彼は私たちの永遠の大祭司なのです。


このように、幕屋は、私たちの霊的生活を形成する本質的な構成要素の多くを明らかにする移動式神殿として、私たちに多くのことを考えさせるのです。幕屋は、幕屋のすべての複雑な特徴を満たす私たちのメシアであるイエスを指し示しています。影は実体と一致します。この幕屋の簡単なガイドが、イエスが私たちのためにしてくださった贖罪をより深く理解するきっかけになれば幸いです。イエスのおかげで、私たちは人生のあらゆる瞬間に主に近づくことができるのです。


主の壮大な贖いの御業に結ばれて。


私たちのメシアイェシュアにありて、

ダヴィード トウルーベックより。


266 views0 comments