top of page
Search
  • ダビッド トゥルーベック

日本のユダヤ人共同体、そして日本で旅行または労働しているイスラエル人に対する奉仕。


ユダヤ人への働きかけについて語るとき、世界のユダヤ人人口の半分がいまだにイスラエルの外に住んでいることを理解することが非常に重要です。

2,000年もの間、ユダヤ人は流浪の民として生きてきたのです。そして、19世紀になると、聖書の預言が成就し、神はイスラエルの民を約束の地に連れ戻し始めました。それと並行して、ユダヤ人の人口の半分はまだイスラエルの地の外で暮らしています。ですから、当然、このイスラエルの外に住んでいるユダヤ人たちは福音を聞く必要があります。さらに、イスラエル人は世界中をたくさん旅していることも重要なポイントです。

イスラエルでは男子も女子も兵役に就かなければなりません。女子は2年間、男子は32ヶ月間兵役に就くことになっています。兵役はしばしば困難な季節です。兵役が終わると、多くの若者は休息する時間を欲するのです。そのため、兵役後の数カ月間を世界のさまざまな場所に旅行することにしている青年も少なくありません。私たちにとって、メシアであるイェシュアにある福音を伝えるために、旅をする彼らに出会うことは素晴らしい機会です。

イスラエルでは、家族からも正統派ラビからもプレッシャーがかかっています。この圧力が、イスラエルの地でユダヤ人が福音に心を開くことを難しくしている要因の一つです。数年前、私たちの団体が行った調査では、ユダヤ人信者の8割がイスラエル国外で信仰を持つようになったという結果が出ています。これは、日本人の状況と似ていると思います。私は日本の状況を完全に理解しているわけではありませんが、日本国外でイエス・キリストを信じるようになった多くの日本人にお会いしました。

ですから、私たちチョースンピープル・ミニストリーズは、ユダヤ人が住んでいる国やイスラエル人観光客が多い国ならどこででも、そして日本にいるユダヤ人コミュニティーや日本に旅行に来ているイスラエル人に、神の愛と聖書の真理を伝えるために存在することを望んでいるのです。

15 views0 comments

Recent Posts

See All
Post: Blog2_Post
bottom of page