top of page
Search
  • Writer's pictureVictoria Trubek

歴史のレンズを通して聖地の出来事を探る

2023年10月7日、イスラエルの記憶に永遠に刻まれたこの日、言葉に絶する悲劇が展開され、イスラエルに深い傷跡を残しました。今では「ブラックサタデー(黒い安息日)」、恐怖の日として知られているこの日は、反ユダヤ主義の恐ろしい行為を目撃し、イスラエルと世界を震撼させました。


📷ボランティアをしていたヨッシー・ランダウは、700体もの殺害されたユダヤ人市民の遺体の捜索・発見のために働きました。彼の心傷ついた目が、全てを物語っています。


この歴史の暗黒の章を振り返るとき、ユダヤ人が直面する憎悪と暴力の厳しい現実を思い起こすことが不可欠です。


解き放たれた恐怖

イスラエルで起きた10月7日の虐殺は、人知を超えた邪悪な反ユダヤ主義的行為でした。イスラエルの静かなユダヤ人社会は、筆舌に尽くしがたいレベルの残忍さと非人間性に直面したのです。この象徴的な反ユダヤ主義行為は、死や誘拐によって引き裂かれた家族、負傷した罪のない市民、レイプされた女性、首を切られた子どもたち、生きたまま焼かれた家族、悲嘆に暮れ恐怖にわななく国民など、忘れがたい映像を残しました。


イスラエル人が経験した恐怖は、ユダヤ人に対する憎悪がこの世界に絶え間なく存在していることを思い起こさせるものです。何千年もの間、これほど一貫して、これほど致命的な標的となってきた集団は他にありません。この歴史は、神に選ばれた民を滅ぼそうとする悪魔の所業を証明しています。


ハマスの邪悪な意図

この悲劇の中心には、邪悪な意図を持つテロ組織ハマスがあります。神の民に対する彼らの行動は、反ユダヤ主義が到達しうる悪の深さ・冷徹さを思い起こさせるものです。彼らのテロ行為は、単なる反ユダヤ主義ではなく、本質的に邪悪であり、非人間的と呼ぶ者も多くいます。


ハマスの目標は、指導者自身が認めているように、テロと憎悪の雰囲気を永続させるだけでなく、イスラエルとすべてのユダヤ人を根絶することです。10月7日の彼らの行動は、人命を完全に軽視し、反ユダヤ主義的イデオロギーが深く根付いていることを示しました。


写真上: ハマス支持派とパレスチナ支持派のデモ参加者たち。


憎悪の起源: 偽りの父


憎悪、とりわけ反ユダヤ主義は、「偽りの父」サタンにその根源を見出します。邪悪な者は、イスラム過激派のテロリスト集団ハマスの心に、イスラエルは世界の問題の元凶であり、滅ぼさなければならないという悪意に満ちた嘘を吹き込みました。まるでイスラエルの唯一にして真の神が、ご自身の民に対するそのような脅威を無視できるかのように! 主はアブラハムを偉大な国にすると約束されたのだから(創世記12:1-3)。神はまた、乳と蜜の流れる特定の土地をイスラエルに与えると約束されたのですから(申命記30:3-5)。敵がイスラエルを滅ぼしたいと望んでいるのと同じように、主は決してそれを許されないのです。


サタンが欺瞞の達人であるように、ハマスも事実を操作し、偽りの物語を広め、彼らの行動を正当化するためにプロパガンダを用います。


神の究極の対応:完全な正義と憐れみ

このような深い闇に直面したとき、神には究極の対応があることを忘れてはなりません。神の完全な正義と限りない憐れみは、10月7日の大虐殺と反ユダヤ主義全般の影響を受けた人々に慰めと希望を与えるものです。私たちはこれらの出来事を理解するのに苦労するかもしれませんが、神はご自身の民を顧みながら、すべてをご覧になり、ご存じなのです。


このような試練の時に、神の正義が勝つことを思い出すことは慰めになります。神は、悪事を働いた者にその行為の責任を取らせます(黙示録20:11-15)。私たちは、この神の正義と憐れみのバランスの中に、究極の力と希望の源を見出すのです。


反ユダヤ主義に対する信者の対応


📷CPM日本支部は、日本での集会と教育的プロジェクトを続けています。

反ユダヤ主義という嘘が広まるのを防ぎ、それを容認することはできないと日本の地において理解が深まるのが狙いです。


信者として、私たちは暗闇の中の光となるよう求められています(マタイ5:16)。反ユダヤ主義に対する私たちの対応は、ユダヤ人の兄弟姉妹に対する揺るぎない支援であるべきです。私たちは共に立ち上がり、あらゆる形の憎しみと偏見を糾弾しなければなりません。


反ユダヤ主義と闘う一つの方法は、教育と正しい認識です。反ユダヤ主義の歴史と結果を理解することで、私たちは反ユダヤ主義をよりよく認識し、闘うことができます。私たちは、日本国内における反ユダヤ主義の蔓延を防ぐために、あらゆる手段を講じなければならないのです。


さらに重要なことは、私たちは不正義に対して祈り、語るよう求められているということです。エルサレムの平和のために祈らなければなりません(詩篇122篇6節)。つまり、ユダヤ人の平和のために祈るのです。この場合、私たちは反ユダヤ主義という暗闇に光をもたらすことができるのです。


祈りへの呼びかけ

この激動の時代において、祈りの力を思い出すことは極めて重要です。私たちは、ハマスが反ユダヤ主義的な暴力をやめるよう、すべての人々に立ち止まって祈るよう呼びかけます。心を入れ替え、憎しみを拒絶することによってのみ、私たちはより明るく平和な未来を望むことができるのです。


10月7日にイスラエルで起きた大虐殺は、私たちの世界に反ユダヤ主義と悪が絶え間なく存在していることを痛感させるものです。この悲劇は、ユダヤ人に対する憎悪と偏見と闘う決意において、イエスを信じるすべての者、そしてまだ信じていないすべての者を団結させるべきです。


ブラックサタデーを思い起こしながら、神の完全な正義と限りない憐れみが最終的に勝利する、という希望を持ち続けましょう。反ユダヤ主義への対応において、私たちの愛と理解と献身が、エルサレムの平和のため、ユダヤ人の保護のため、そして神の御座の前にあるすべての民族の救いのために祈るよう、私たちを導いてくれますように。


デイビッド トゥルー




385 views1 comment

Recent Posts

See All

1 Comment


osam devet
osam devet
Nov 19, 2023

神さまが早く御手を伸べてイスラエルに住むユダヤ人もイシマエルの子孫のアラブ人も心をつなぎ合って暮らせるように、悪魔に支配されているハマスから助け出してください。イスラエルだけを働かせるのではなくて、アラブの人たちも、ハマスをきちんと捕まえて処罰するなどして、ガザに住んでいた人々をアラブの自国に受け入れてイスラエルのガザには適正な人数の人たちが、イスラエルの支援で、でたらめなハマスではなくて、自治のできる人たちによる国を作って住むことができたら良いです。

Like
bottom of page