top of page
Search
  • ダビッド トゥルーベック

混沌で不安定な時における、安定性。


📷Miki Spitzer Photography

"静まれ、そして私 わたしが神であることを知れ" 詩篇46:10


この節について話す時、あなたは文脈を意識していますか? 神は誰に向かって語っておられるのでしょうか? 詩篇の最初の部分は三人称で、神が要塞であり、私たちは恐れてはいけないと語っています。神の住まいは安全であると語っているのです。

「その流れが神の都を喜ばせる川がある。その流れは神の都を喜ばせ、いと高き方の住まわれる聖なる場所である。神がその中におられるから、倒れることはない。(4-5節)


それから、騒がしくなり、激しくなります。 「国々は騒ぎ、王国は倒れる。声をあげれば、地は溶ける。(6節)


詩篇の作者は、神に抵抗する国々の無益さを語っています。神は戦争をやめさせ 地の果てまで弓を折られ、槍を砕かれる。盾を火で焼かれる(9節)。


そして、時が変わり、神が語られる...。「静まって、わたしが神であることを知れ。 わたしは国々の中で高くされ、地の中で高くされる」と言われる。(10節)


視点 1: ( このコメントには私は完全には同意できませんが。) ….神は敵である敗戦国に向かって話している。抵抗しても無駄だからやめろと言っている。周囲を見回し、その惨状を見るようにと挑んでいる。神は神であり、他の何者でもない。彼ら(敵である敗戦国)はいずれにせよ、神を称えるだろう。竜巻や地震の大被害を目の当たりにして、言葉を失うかもしれない。時々、あなたは適した言葉を持たない。


視点2: (おそらく正しいものに近い).... 神はその民に語りかけておられる。彼はすでに恐れるなと言っている。神は彼ら(神の民)の避難所である。そして、イスラエルを攻撃する国々を壊滅的に打ち負かすことで、その裏付けをされたのだ。今、神は彼らを安心させている。YであるためにXするのを辞めなさい。Xは恐れであり、Yは神であることを知り、神の力に驚嘆することです。


このような聖句を、私たちは今日の生活の中でどのように適用できるのでしょうか。確かに、私たちが恐れを抱く原因はたくさんあります。戦争があり、戦争の噂があります。陰謀論があり、ウイルスやパンデミックがあり、南北戦争の脅威があります。人種間の緊張があり、神の信奉者と称する者の中には、暴力に走る者がおり、欺瞞があります。私たちの世界はどこに向かっているのでしょうか?


馬や戦車や肉の腕を信じてはいけません。神は神です。神は大きく、すべてを見抜いておられます。神は主権者であり、ご自分の計画を実現されるのです。私たちは静止して、彼が神であることを知らなければなりません。彼は私たちのための強大な要塞なのです。

76 views0 comments
Post: Blog2_Post
bottom of page