top of page
Search
  • Writer's picture ダビッド トゥルーベック

現代イスラエルは預言の成就か?

ユダヤ民族の存続が、聖書が真理を伝えていることを証明していることに同意するとしよう。しかしこれに同意したとしても、異なる懸念を抱く兄弟たちがいるかもしれない。リベラルな教会指導者の中には、ユダヤ民族と中東の土地、現在のイスラエルを結びつけることを奇妙に思う人もいるだろう。ユダヤ人を守るという神の約束が、"約束の地 "とどのように関係するのかに疑問を抱く人もいる。今日でも、リベラルなクリスチャンの中には、現代のイスラエルとその土地の関係に懐疑的な人もいるだろう。イエスを信じるユダヤ人である私にとってはこのような疑問は奇妙に思えるが、このようなリベラルな教会の人々を批判するつもりはない。

政治的なことはさておき、ユダヤ民族が多くのことを耐え忍び、あらゆる困難を乗り越えて2000年後にイスラエルに帰還したことは事実だ。聖書の預言者たちはこのことを語り、神がご自身の民をイスラエルに連れ戻すと述べた。散らばっていた長い年月のおかげで、この希望が語られることは少なくなったが、完全に消えることはなかった。毎年過越の祭りになると、ユダヤ人は "来年はエルサレムで!"と言う習慣がある。それはユダヤ民族の歴史を思い起こさせるものだ。

ユダヤ人を自分たちの土地に戻り復興させることは、教会の歴史を通して多くのキリスト教徒にとってはそれが起こるとは信じられなかったことだ。ヨーロッパでは、イエスを信じる人々は、これらの約束について考えるとしても、象徴的な方法で理解することが多かった。このような考え方は、日本のキリスト教にも影響を与えた。にもかかわらず、日本やアメリカ、そして19世紀のヨーロッパでも、この約束を真剣に受け止めていた信者たちがいた。彼らはユダヤ人がイスラエルの地に戻ることを待ち望んでいた。クリスチャン/聖書的シオニズムと呼ばれるものが始まったのは、テオドル・ヘルツェルが推進したように、ユダヤ人が自分たちの近代国家を望み始めた近代シオニズムと同時期か、それよりももっと前だと言える。


国家と聖書の約束



現代のイスラエル国家の存在は、ユダヤ民族が世界に存在し続けていることと同じように、聖書の信頼性をさらに証明するものなのだろうか。聖書に記されている次の条件を考えてみよう。

まず第一に、イエスに立ち返ることによる民族の霊的再生・回復は、ユダヤ民族がイスラエルの地に帰還し、その地を所有するという一大ムーブメントを起こすための聖書の前提条件ではない。事実、預言者ゼカリヤは、ユダヤ人がイスラエルに帰還した後にのみ、メシアを通して神に立ち返ることを示している(ゼカリヤ12:10; 13:1)。同様に預言者エゼキエルは、「わたしは、あなたがたを国々から連れ出し、すべての国から集めて、あなたがたの土地に連れて行く」(エゼキ36:24)という神の約束を述べている。「そのとき、わたしはあなたがたに清い水を振りかける。さらに、わたしはあなたがたに新しい心を与え、あなたがたのうちに新しい霊を置く。わたしは、あなたがたの肉から石の心を取り除き、肉の心を与える」(エゼキ36:25-26)。イスラエルの霊的再生は、ユダヤ民族の土地への回復に続くものであることに注意しよう。こうして再集結されたイスラエルは、国民として、約束のメシアに向かって信仰を向けるようになる。

第二に、聖書はイスラエルが段階的に地に戻ることを預言している。エゼキエル書37章には、枯れた骨の谷という忘れがたい光景が描かれている。骨は段階的に命を吹き込まれ、まず骨の筋、次に肉、そして皮膚、最後に命の息が吹き込まれる(エゼキエル37:6-10)。そして神はエゼキエルに「人の子よ、これらの骨はイスラエルの家全体である」(エゼキ37:11)と告げる。ユダヤの民が約束の地に回復するというこの生き生きとした描写は、実際に起こっていることとよく一致している。再集結は瞬時に起こるのではなく、ユダヤ人の期待に従って国民全体がメシアを迎えるときに頂点に達するプロセスなのだ。

枯れた骨は、希望のない流浪のイスラエルを表している。骨が骨格となり、肉がつき、皮がつき肌となる過程は、イスラエルが再生する前にユダヤ人が次々と帰還することを意味する。実際、ユダヤ民族はこうして地に戻ってきた。1881年から1939年まで5回のアリヤ(移民・帰還)の波があり、ユダヤ人がヨーロッパから約束の地に帰還した。1948年にイスラエルが誕生すると、ホロコーストを生き延びたヨーロッパ系ユダヤ人が100万人、アラブ諸国で故郷を追われた80万人のユダヤ人の大多数がイスラエルに逃げるように帰還してきた。さらに最近で言えば150万人のユダヤ人が旧ソ連を逃れ、イスラエルに移住した。これらの移民の波は、ユダヤの民がどのように段階的に戻ってきたかを示している。息のない身体は、物質的に回復したがまだ再生していない不信仰なイスラエルを表している。最後にこの箇所によれば、神はこれらの体に命を吹き込み、すべてのイスラエルがメシアに立ち返る日を表している。

第三に、聖書はイスラエルが迫害を経てその地に戻ることを預言している。ヘブル語聖書はイスラエルについて、「わたしは彼らを、わたしが先祖に与えた自分たちの土地に戻す」(エレ.16:15)と述べている。神は "漁師 "と "狩人 "を用いて、ご自分の民をイスラエルに戻される(エレ.16:16)。この迫害の喩えは、イスラエルの再生において文字通り成就した。近代シオニズムの誕生以来、イスラエルの地への帰還の主な動機は反ユダヤ的迫害であった。過去100年の間に、皇帝のポグロム、ポーランドの経済差別、ナチスの大量虐殺、アラブの憎悪、ソ連の弾圧、そして最近ではヨーロッパと北米の反ユダヤ主義の憂慮すべき高まりが、ユダヤ人を祖国イスラエルの地へと追い戻したのだ。

第四に、聖書は、イスラエルの子らが流浪の期間を経て帰還し、民族的アイデンティティが再確立されることが、メシアの到来と私たちの知る歴史の完成の舞台となることを預言している。その時、メシアはイスラエルを敵から解放する(ゼカ14:3)。

歴史の事実、特に中東におけるユダヤ人の祖国の出現は、ヘブル語聖書の預言と一致しているだろうか?イスラエルは、迫害を経て、不信仰のうちに、段階的に帰還したのだから、現代のイスラエル建国は、古代ヘブライの預言者の預言を成就しており、まだいずれ来たるであろう出来事の舞台を整えている可能性が高い。

シオンへの帰還は、聖書の真理を証明する強力な証拠である。2000年に及ぶ流浪の後、神は散らされ迫害された民を自分たちの地に回復されるとは、驚くべきことにほかならない。これらの出来事と聖書の預言との関係を考えると、これが本当に神の御業であった可能性は高いと思うか、低いと思うだろうか。

そして、もし上記のことが真実だとしたら、このことは私たちの生活にどのような影響を及ぼすべきだろうか?確かに、私たちはエルサレムの平和のために祈るべきだ(詩篇122:6)! また、もしイエスの再臨がユダヤ人がイエスに立ち返ることと関連しているとしたら、私たちは今日、ユダヤ人伝道をどのようにとらえるべきなのだろうか?この疑問に使徒パウロは、ローマ11:11-29で答えている!神の民として、私たちはユダヤ人に福音のメッセージを伝えるために全力を尽くさなければならないのだ!

何よりもまず、日本のクリスチャンとして、日本の地に住んでいる、勉強している、または働いていたり旅行したりしているユダヤ人のゲストに、フォーカスする必要がある。日本のユダヤ人コミュニティーのために祈り、彼らと福音を分かち合うことは、私たち日本人クリスチャンの特権なのだ。



218 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page