top of page
Search
  • Writer's picture ダビッド トゥルーベック

言論の自由と反ユダヤ主義


📷 写真に写っているのは、東京で行われたテロ組織ハマス支援のデモに対するアウトリーチ活動を行う、CPM日本支部の内山イサク理事です。


10月7日のハマスによるイスラエルへの壊滅的な攻撃から9ヶ月が経ちました。 この間、日本の主要メディアが "イスラエルはガザで戦争犯罪を犯している "という論調・ナラティブを展開してきたことは明らかです。 これらの報道の大多数は、しばしば紛争の重要な事実、背景、歴史的背景を見落としたり、それに対して無知であることは明らかです。


ここでは、日本のメディアが伝えない基本的な事実をいくつか紹介しようと思います。


自由なパレスチナ? イスラエルはガザ地区を占領していなかった! :


2005年、イスラエルはガザ地区のユダヤ人入植地を劇的に解体した後、ガザ地区から完全に撤退していた。


イスラエルの侵略ではない。イスラエルの自制だ! : パレスチナ国家ガザからの絶え間ないロケット弾攻撃に対し、イスラエルは本格的な地上戦を仕掛けるのではなく、高度なロケット弾防衛システムに投資し、民間人の犠牲を避けるためにハマスの軍事目標に対する外科的精密攻撃を選択した。


イスラエルによるガザでの大量虐殺? :


📷ガザ保健当局が死傷者数を捏造


日本のマスメディアは、ハマス保健省の報告書の数字をそのまま引用しているが、その数字は膨大なものとなっている。しかしこれらの報告書に関する信頼できる統計的研究によって、ハマスの数字が非常に誇張されていることが明らかになっている。 イスラエルが報告したハマスの戦闘員の死者数を、他の都市紛争の統計データと照らし合わせて考えると、イスラエルは市民の背後に隠れた残酷な敵と戦いながら、民間人の死者数を最小限にとどめるという驚くべき任務を行っていることになる。


ハマスが「解放されたガザ地区」からイスラエル南部のコミュニティに対してロケット弾攻撃を開始した2006年以降の数年間、イスラエルの政治家や政治評論家たちが、ガザ地区の難問をめぐって行ったり来たりしていたのを私は覚えている。ガザ地区に侵攻すれば、ガザ地区のような人口密集地での市街戦の性質上、民間人の死傷者が出るだろうし、自国の市民の盾にその後ろに隠れるハマスの邪悪な性質もある。 アナリストたちはまた、ガザへの地上侵攻で多くのイスラエル軍兵士が命を落とすことも知っていた(実際にそうなった)。 それが10月7日に一変した。


罪のない一般市民に対する度肝を抜くような残虐行為の後、「ガザの難問」を取り巻くすべての霧が、驚くほど鮮明になった。 イスラエル人とパレスチナ人に対して犯罪を犯したハマスのテロリストたちを法廷に引きずり出すことは、私たちの国家的・道徳的義務なのだ。


我々は今どうしているのか?:

イスラエルに住む私たちは、世界の他の国々とは異なる現実を生きている。 ハマスの攻撃直後の数週間から数カ月は、誰もが何らかのレベルで、まだトラウマ(恐怖、不安、抑うつ)と向き合っていた。 さらに追い打ちをかけたのは、世界中でユダヤ人に対する憎悪が高まり、イスラエルに対する気の遠くなるような批判や憎悪を目の当たりにしたことだった。


神の愛と恵み、そして時の流れは、私たちを癒し、助け、励まし続けている。 国家として、私たちはまた、大きな国民的連帯を経験し、会衆の霊的成熟と一体感では深いレベルを体験している。


しかし、私たちはまだ現実を生きている:

多くの人命が失われたこと、ガザで命を落とし続ける兵士たち、そしてハマスによって忌まわしい状況で拘束されている人質への哀悼の念。

恐怖、不安、プレッシャー......数カ月以内にヒズボラとの全面戦争が勃発するかもしれないという現実的な可能性を予期している。 イスラエル当局は、

a) 国中がロケット弾攻撃にさらされる 。

b) 安全な部屋や防空壕で何日・何週間も過ごす可能性がある。  

c) 電気も水も使えなくなる可能性が高い戦争に備えて、特定の地域の市民に準備を指示した。

悲しみ、状況全体に対する落ち込み、反ユダヤ主義が生きていて、想像もしなかったような形で成長しているという事実に気づき、折り合いをつける(あるいはつけられていない)。

世界の多くの人々が、イスラエルや私たちが置かれている状況について、誤解を招きかねない、あるいはあからさまに虚偽の発言や考え方に、進んで積極的にひっかかっているのを目の当たりにすると、イスラエル人の気持ちを伝えるのは難しい。 公に嘘をつかれたり、中傷されたりすると、それは苦痛であり、苦悩であり、トラウマになる。 すべてのイスラエル人が今、それを感じているのだ。


私たちは、この時期に私たち全員に対するあなたの愛、配慮、気遣いに感謝したいと思います。 また、この重要な時期に、イスラエルのために立ち上がって下さっていることに感謝します。


霊的覚醒の波:

イスラム諸国における福音の前進のためにもお祈りください。 イランやアフガニスタンなどでメシアの体が飛躍的に成長しているという驚くべき報告を聞いています。 霊的覚醒の波が中東を席巻しており、それはここ聖地のユダヤの民にも向かっていると私たちは信じています。


📷CPMセンターで、イスラエル人たちが励ましを見出す―


結論として、メディアの中で続く反イスラエル的プロパガンダがありつつも、日本はユダヤ人にとっては安全な国である、という事実を強調したいと思います。またより多くのイスラエルの若者たちが、旅行・留学先として、または働き場として日本を選んでいるのです。日本のユダヤ人共同体に対して仕えるCPM日本支部のミニストリー活動は、大きな成長期にあり、これら若いイスラエル人たちに主イエスの愛を伝えるため、様々な文化的イベントを行うことができています。この場を借りて、皆さまの祈りと経済的サポートに対してお礼申し上げます。皆さまの惜しみない心によって、これら全てが現実のものとなっているのです。

223 views0 comments

Comments


bottom of page