shutterstock_1066425974.jpg

私たちの信条

聖書


私たちは聖書の言葉が完全な霊感によることを信じます。これは原文にあって、誤りがなく、完全なものです。 聖書にある66巻の書簡は、信念、人生、そして実践のための唯一かつ最終的な権威です(詩篇107:11;119:160;マタイ7:6-13;ヨハネ10:35;第二テモテ3:16-17;ヘブル1:1-3;ペテロ1:20-21)。



私たちは父、子、聖霊の三位一体において永遠に存在される、唯一で完全なる神を信じます(レビ19:2;申命記6:4;33:27;イザヤ6:1-3;40:28-31;詩篇90:2;使徒17:24)。それぞれが人格の性質と神格の本質と完全性を有しています(マタイ28:19-20;ヨハネ1:1-3;15:26;16:12-15;コロサイ1:15-20;ヘブル1:1-4)。私たちは神が愛であり、情け深く、恵みに満ち、あわれみ深く、義であり真理であることを信じます(出エジプト34:6-7)。


天地創造


私たちは神が主権者であり、天と地にある全てのものを神の栄光のために創造したことを信じます(創世記1-2; ヨブ38-41; 詩篇19:1-4;イザヤ37:16;エレミヤ10:11-12; ヨハネ1:1-3;ローマ4:17;コロサイ1:16;ヘブル11:3)。私たちは神がアダムとイヴを神のかたちとして、またその似姿に創造したことを信じます(創世記1:26-27;2;5:1-2;9:6;ルカ3:38)。全ての人は神の似姿に創造されたので価値があります。


私たちはアダムの罪故に、人の中にある神のかたちが傷つき、全ての男と女が神に対する反抗的性質を伴って、罪をもって生まれたことを信じます(創世記3:1-24;詩篇5:9;10:7;14:1-3;36:1;51:5;53:1-3;140:3;イザヤ53:6;59:7;ローマ3:10-18; 23;5:12-21;8:20-21)。結果、全ての人が有罪判決を宣告されているので、救い主を通して神との和解が必要です(イザヤ64:6;ローマ3:23;5:8-12;第二コリント5:20-21;エペソ 2:1-4)。


イスラエル


私たちは神が罪の世界を贖うための架け橋としてユダヤ人を選ばれたことを信じます。神はアブラハム、イサク、ヤコブと永遠に覆ることができない契約を結ばれました(創世記15:9-21;17:1-8;26:3-5;28:13-15;35:11-13;ローマ11:28-29)。その契約は、神の選びの民としてのイスラエルの選びと永続性、カナンの地を与える約束、イスラエルに生まれる救い主を通して地の全ての民族が祝福される約束を含んでいます(創世記12:1-3;第二サムエル7:6-16;エレミヤ 31:23-40;ローマ9-11;ガラテヤ3:6-4:7)。私たちは神が被造物の回復に介入するにあたって、初めにアブラハムとその子孫を世界の祝福の器として召命したことを信じます(創世記12:1-3)。アブラハムの子孫、つまりイスラエル民族は祭司の王国であり、諸国の光、神の誠実さの証人、そして継続した神のご計画の一部です(出エジプト19:6;イザヤ49:6;61:1, 4-6)。


イェシュア(ヘブライ語で「イエス」の意)


私たちは御子なる神が永遠のことばとしてこの世が創造される前から存在し、人となられ、救い主であるイェシュア、ダビデの子であると信じます(第二サムエル7:8-16;第一歴代誌17:7-14;ヨハネ1:1-18;ローマ1:2-4)。私たちはイェシュアが完全なる神であり(イザヤ9:6-7;ヨハネ10:30;20:28;使徒2:14-36;コロサイ2:9)、処女マリアから生まれたこと(イザヤ7:14;マタイ1:18-25;ルカ1:34-35)、完全な人であり(ヘブル2:14-18;4:15)、罪のない人生を送ったことを信じます(第二コリント5:21;ヘブル4:15;7:26;第一ペテロ2:22;[イザヤ53:9])。イェシュアは預言者であり(申命記18:15;使徒3:22-24)、祭司であり(詩篇110:1;ヘブル2:17)、王です(詩篇2; ヘブル1:1-14)。イェシュアは御自身を一度、全ての人の罪のために贖いの供え物として捧げられ(イザヤ53:5-6;ヘブル9:6-10:18;第一ヨハネ2:2;黙示録1:5)、3日目に死人のうちより復活され(第一コリント15:3-7)、天に昇られ(使徒1:9-11;2:30-38; エペソ1:19-23)、彼の民のためにとりなしています(ローマ8:34;ヘブル7:25;9:24)。復活された救い主として、イェシュアは神の右の手から聖なる権威を行使しており、イスラエルと諸国を治めるために再び王として帰って来ます(第二サムエル7:12-16;詩篇110:1;ゼカリヤ14:9;ダニエル7:13-14;マタイ2:1-11;マルコ14:62;ルカ1:32-33; 22:69;使徒2:30-36;ピリピ2:10-17;黙示録17:14)。そして、イェシュアは御国を天の父へと引き渡します(第一コリント15:24, 28)。


聖霊


私たちは聖霊の完全なる神性と人格を信じます(マタイ28:19;使徒5:3-4;エペソ4:30)。聖霊は神の御言葉を通してイェシュアの証をします(ヨハネ14:25-27;16:13; 第一コリント2:10-11)。聖霊は世の罪を認めさせ(ヨハネ16:7-11)、一人一人を生まれ変わらせ(ヨハネ3:3-5;ローマ6:3-4, 11;8:11;テトス3:5)、バプテスマを授けてキリストの体とし(使徒1:5; 2:16-18;32-33;第一コリント12:13)、大宣教命令と善行のために整えます(ガラテヤ5:16-24;6:8-10;第一ペテロ2:9-13)。聖霊はイェシュアを信じる者たちの内に住まい、聖別し、満たし、導き、助け、聖霊の実を結ばせ、神の人々のために賜物を与えます(ローマ12:6-8;第一コリント12:1-31;エペソ4:11; ヨハネ14:15-21;第一コリント6:19;ガラテヤ5:22-23;エペソ1:13-14;2:19-22; 5:18)。


救い


私たちはユダヤ人と異邦人の救いがイェシュアと彼の贖いの業を通してのみ可能であることを信じます(ヨハネ14:6;使徒4:12)。人々はこの救いを受けるために悔い改め、救い主であるイェシュアを信じなければなりません。この救いは行いではなく、信仰を通して神の恵みによって与えられる神からの贈り物です(ヨハネ3:16;10:28-30;ローマ3:21-4:25;8:28-30;エペソ2:8-9;ヘブル13:5)。新しい契約によれば、救い主を信じる者たちは罪が赦され、神と和解され、聖霊によって新生され、聖霊が内住し、敬虔に生きるよう力づけられ、豊かな人生が与えられ、贖いの日のために聖霊によって証印を押されます(エレミヤ31:31-33;エゼキエル36:24-27;ヨハネ10:10;ローマ1:16;エペソ1:13-14;2:10;4:30)。


宣教


私たちは神が初めにユダヤ人たち、そして諸国へ福音を宣べ伝えるよう弟子たちに命令されたことを信じます(マタイ10:5-23;28:18-20;使徒1:8;9:15;ローマ1:16-17;ガラテヤ3:1-29)。神は何世紀もの間、神の救いのメッセージを信じてきた誠実なイスラエルの残りの者たちを守ると約束しました(第一列王記19:18;ローマ11:5)。今日、この残りの者たちはイェシュアを救い主として受け入れています。使徒パウロは異邦人の信者たちに対し、ユダヤ人たちにねたみを引き起こさせるように言っています(ローマ11:11)。いつの日か、選ばれた民に対する宣教は、主がイスラエルの国を悔い改めと神の子についての理解へ導かれる時に完成します。聖書は「イスラエルはみな救われる」と宣言しています(ローマ11:25-29)。


キリストの体


私たちはキリストの体が、イェシュアが約束された救い主であることを受け入れたユダヤ人と異邦人によって構成されていると信じます(エペソ2:11-3:6)。救い主イェシュアに信仰を持つようになった異邦人たちは、神の御国でイェシュアを信じるユダヤ人たちと共同の相続者です(エペソ3:6;ガラテヤ3:1-4:6)。私たちはユダヤ人と異邦人の信者たちが心を一つにして共に生き、互いを敬い、礼拝や生活様式における文化的多様性を尊重するように勧めます(使徒14:23;15:24-28;ローマ 14:1-15:21; 第一コリント 9:20-21;コロサイ 2:16-23;ヘブル 10:24-25)。


来たるべき日について

私たちはイェシュアが再臨され、アブラハム契約とダビデ契約の成就として、エルサレムから国々を治める日が来ることを信じます(イザヤ2:1-4;19:23-25;ミカ 4:1-5;ゼカリヤ 12:10)。全ての国々がこの地における神の御国の祝福に与かり、神を礼拝します(ダニエル7:13-14;9:27;ゼカリヤ14:16;黙示録 20:1-6)。イェシュアが全ての敵を彼の足元に置き、御国を永遠に天の父へ捧げられた後、彼を信じない者たちは地獄で永遠の刑罰を受け苦しみます(第一コリント15:20-28;黙示録 20:7-15)。天と地は新しくされ、イェシュアを信じる者たちは新しいエルサレムで永遠に神にある喜びと交わりにとどまります(イザヤ25:6-9;65-66;ダニエル 12:1-2;黙示録 21:1-22:6)。

連絡を取る