top of page
Search
  • Writer's pictureVictoria Trubek

ハヌカの物語について知っておくべきこと



紀元前168年、シリア王国の支配者アンティオコス・エピファネス4世は、イスラエルの地を含む広大な帝国内のすべての臣民が同じ文化を共有し、同じ神々を崇拝するよう、ユダヤ教を打ち砕くキャンペーンを強化しました。


彼はエルサレムに進軍し、神殿を破壊し、祭壇に偶像を立て、豚の血で神殿の神聖さを冒涜したのです。トーラーを学ぶこと、安息日を守ること、ユダヤ人の男の子に割礼を施すことをしたら死刑に処す、と宣言し、ユダヤ全土の村々にシリアの監督官と兵士を送り込んで勅令を出し、ユダヤ人に偶像崇拝を強要しました。兵士たちは村から村へ移動し、トーラー(モーセ五書の巻物)と預言者の巻物を探しては燃やしたのです。


これは非常に重要な点ですが、アンティオコスのユダヤ人に対する闘争は、政治的な理由による闘争ではなく、ユダヤ人の信仰に対する戦いでした。


シリア兵がモディン(首都の北西約12マイル)に到着すると、彼らは地元の指導者であるコーヘン(祭司階級)のマタティアスに対し、持ち運び可能な異教の祭壇で豚を生け贄に捧げ、民衆の模範となるよう要求しました。長老は、"神に仕える者はだれでも私に従え!"という声をあげて拒否したのです。マタティアスと5人の息子たち(ヨナタン、シモン、ユダ、エルアザル、ヨハナン)は、ユダの森の荒野の丘や洞窟に逃げ込みました。


マティアスとその部下たちは、ギリシャ軍の前では勝利の可能性がゼロに近いことを知っていました。


しかし、彼らの目的は勝利することではなく、世界の創造主への信仰をあきらめず、いつの日かメシアがイスラエルの民を救ってくださるという希望を持ち続けることでした。


マタティアは1年間、反乱軍の指揮を執りました。彼の死後、その役割は三男のユダに引き継がれました。ユダはエルサレムを征服するために蜂起(奮い立った人達)を指揮しました。ハスモン朝は3年間、アンティオコス・エピファネス王の軍勢と戦い、紀元前165年のキスレブ月の25日にエルサレムの奪還に成功しました。


こうして弱く小さな者が、強大な者に打ち勝ったのです。

その後、ユダヤ教の伝統によれば、別の奇跡が起こりました。マカベヤたちがギリシャ軍に勝利した後、ユダヤ人たちは神殿を清め、聖なる礼拝を新たにするために神殿に向かいました。ハスモニア人が神殿を清め、黄金のメノラーに火を灯そうとしたところ、黄金のメノラーを灯すための油を貯蔵していた容器がすべて粉々になっていることに気づいたのです。その結果、聖なるメノラーに火を灯すことができませんでした。驚いたことに、伝統によれば、彼らは片隅で小さな容器を見つけました。そして奇跡が起こりました! その容器に入っていたわずかな油で、黄金のメノラーを8日間灯すことができたのです。重要なことは、(この奇跡は)600年後のタルムードまで、ユダヤ教のテキストには出ていません。


そして、ユダヤ教の伝統によれば、ハヌカ期間中に3つの奇跡が起こりました。

最初の奇跡 ---イスラエルの民とその聖典が消滅の危機から救われたこと。

第二の奇跡 --- 強き者と弱き者との戦いにおける勝利の奇跡。

第三の奇跡 ---聖油の奇跡。


信者にとっての意義



もちろん、3つの奇跡すべてに特別の意義がありますが、ハヌカの祝日を「ユダヤ人のイスラエルの祭り」から、「イェシュアを信じるすべての人が喜ぶことのできる祝祭」に変えるのは、最初の奇跡です。


私が言いたいのは、もしアンティオコス・エピファネスがイスラエルの民を滅ぼすことに成功していたとしたら、メシアがユダ族とダビデ家から生まれるという神の預言と約束はどのように成就するのだろうか、ということです。


ギリシャ兵の手によって聖典がすべてが破壊されたとしましょう。神がユダヤ民族の家長たちに与えた預言や約束がなければ、私たちはどうやって真のメシアを発見できたでしょうか?


ギリシャ王の考えによれば、イスラエルの神を覚えている者はすべて滅ぼされることになっていました。しかし、信仰を捨てることに同意しなかった少数の人々がギリシャ帝国に反乱を起こし、神の奇跡によって勝利を果たしたのです。


この出来事のおかげで、私たちはハヌカを祝い、聖書が守られていること、聖書から、私たちはメシアがどこで生まれたのか、どこの家から生まれるのか、といった些細なことまで知っており、これらの詳細によって、真のメシア、生ける神の子、イスラエルの王を発見することができるのです。

預言書が教えているように、イェシュアはベツレヘムの町でユダヤ人として生まれ、ユダヤ人の家庭で育ちました。ユダヤ人としての生活を送り、聖書の祝祭日を祝ったのです。神の律法に従い、罪のない人生を送りました。イェシュアは、神がアブラハムの子孫に約束された土地で成長し、時が来ると、私たちの罪のために苦しみを受け、イザヤ書53章の預言を成就されたのです。今日、彼が木の上で私たちのためにしてくださったことのゆえに、私たちユダヤ人信者や世界中の信者は、神とともに永遠の命を得ているのです。

今年、私たちがハヌカを祝うとき、ハヌカの行事がユダヤ人だけでなく、地球上のすべての国々にとって大きな意味を持つことを思い出しましょう。


イェシュアを信じる者として、私たちはユダヤの人々に対する責任があることを思い出しましょう。福音は聖地から私たちにもたらされたことを思い出しましょう。今日、イスラエルの民の多くは、自分たちのメシアを見る目がまだ閉ざされているのです。しかし、神はイスラエルの民を愛し続け、彼らの救いを望んでおられます。私たちイェシュアを信じる者は、イスラエルの人々のための神の計画に参加する特権を担っています。私たちの祈りと支援を通して、イスラエルの地に福音を取り戻すのです。


ハヌカの祝日に関連して知っておくべき用語をいくつか挙げます。


* ハスモン朝」とは、紀元前2世紀から1世紀にかけて古代ユダヤに興ったユダヤ人の支配者一族、王朝のことです。その子孫、特にユダ・マカバイは、アンティオコス・エピファネスの苛酷な勅令と迫害に対するマカベアの反乱で重要な役割を果たしたのです。


** マカバイという名前は、アラム語で "ハンマー "を意味する "マカビー "に由来します。

92 views1 comment

Recent Posts

See All
Post: Blog2_Post
bottom of page