top of page
Search
  • Writer's picture ダビッド トゥルーベック

善なる神はどうして人間の苦しみを許すのか?


多くの人は、善なる神は人が苦しむのを決して許さないと考える。なぜなら、苦しみは人を傷つけるからであり、善なる神は痛みを和らげるはずだからだ。苦痛を取り除くことが有益であり、全能で善良な神が存在するのであれば、その神がすべての苦痛を取り除くことは理にかなっているはずだ。


宗教家も無宗教者も同じように、この疑問を投げかけてきた。ある人にとって、それは信仰を捨てる理由となる。またある者は、この疑問がきっかけで信仰に深く傾倒する人もいれば、信仰を捨てる人はこの問題を、善良で強力な神の存在に反対する論理的な議論か、神の存在そのものに反対する論理的な議論か、あるいはその両方だと考える。彼らは耐え難い苦しみを前にして、聖書の神を崇拝するという考えを拒否する。苦しみがあるにもかかわらず聖書信仰を受け入れる人々は、善良で力強い神の存在によってジレンマが解決されると考える。彼らは神に従うことに平安と慰めを見出す。


このような見解の相違をどのように調和させればよいのだろうか。ひとつの鍵は、道徳的な失敗による苦しみと、それ以外の理由による苦しみを区別することだろう。しかし、原因が何であれ、痛みや苦しみは常に感情的な状況であり、それが問題の複雑さを増している。 道徳的悪の結果

窃盗、殺人、レイプのような道徳的悪のために苦しむ人もいる。しかし、癌や流産、ハリケーンによる家屋の倒壊などでも人々は苦しんでいる。道徳的悪とは、人間が意図的に苦しみを引き起こすことである。しかし、すべての苦しみが道徳的悪によるものではない。


悪と苦しみの問題を考えるとき、私たち自身の経験が私たちの心を曇らせ、論理を曲げてしまうことがある。私たちはしばしば、自分の苦しみや愛する人の苦しみの理由を見つけることができない。私たちは答えに安らぎを求めるが、苦しみを理性的なものにする助けはほとんど見つからない。


苦しみは、私たちが神に向かって走ることを考えるべきなのに、神から逃げてしまう原因となるかもしれない。聖書を読むだけで、神の助けと知恵はいつでも得られる。詩篇は長い間、神への信仰を持っている人とそうでない人を慰めてきた。詩篇の作者の言葉は、私たちの痛みを雄弁に映し出し、私たちの苦しみに同調してくださる神へと導いてくれる。私たちは孤独ではないのだ. 知的問題

聖書と私たちが共有する経験は、神が人間を自己決定能力-悪事を選択し実行する能力-をもって創造されたことを示している。その選択は私たちのものだ。私たちの誤った決断が、私たちを創られた方を汚すことはない。例えば、2人の高潔な両親が殺人犯となる子供を産むことはあっても、その子供が悪行を働いたからといって、2人の高潔な両親が高潔でないということにはならない。


なぜ神は人間を創造したうえで、悪行を許すのだろうか?それは、神が私たちに愛を経験してほしいと願っているからかもしれない。愛とは定義上、自由に与えられるものでしかない。純粋に愛するようにロボットをプログラムすることは誰にもできない。他人を愛することを強制することもできない。愛は自由に選択された決断でなければならない。愛を強制することはできないので、人間は愛を経験するという選択という自由を持たなければならない。


神がすべての道徳的悪を廃絶することが望ましいかどうかも再考すべきである。選択はヘブライ(旧約)聖書における重要なテーマである。もし神が間違った選択をする可能性を奪うとしたら、正しい選択をすることはもはや選択ではなくなってしまう。聖書は、「わたしは今日、あなたがたの前に、生と繁栄、死と逆境を定めた」(申命記30:15)と言われているように、間違った選択がもたらす結果を考慮している。それでもなお、神は私たちに「生きるために命を選びなさい」(申命記30:19)と言われる。私たちが愛することを選択できるように、神は私たちに選択する能力を与えてくださるのだ。


苦しみと神の存在

さて、他者の悪に起因しない苦しみの問題について、私たちは人間の苦しみと善なる神の存在が相互に排他的であるかどうかを問わねばならない。人間の苦しみが、必ずしも全能・善良な神の存在を否定しないことを示すことができるだろうか。苦しみがどのように善を生み出すかを示すことは可能だろうか?



私たちが苦しみを経験している最中に、苦しみからどのような善がもたらされるかを考えるのは、当然ながら困難なことである。自分の置かれた状況の結果として、私たちは苦しみを神の存在や神の善に対する反論とみなすかもしれない。私たちは苦しみを常に悪とみなす傾向がある。しかし、もし私たちが、苦しみの経験が苦しみそのものよりも意味のあるものを生み出すかもしれないことを示すことができれば、傷ついた人々が求めている慰めそのものを生み出すかもしれない。苦しみの中で信仰を発見するには、内省と勇気が必要である。時には、信仰の目を通して見るとき、苦しみが生み出す善を見る必要があるのだ。


苦しみから善が生まれる

一時的な苦痛、特に肉体的な苦痛が、必要な手術や運動、歯科受診など、何らかの良い結果を後に生んだ経験は誰にでもある。感情的な不快感も、例えば誰かを許すときに良い結果をもたらすことがある。痛みや苦しみは、時として明らかな利益をもたらす。

もし苦しみが本質的に善と相容れないものであるならば、このような苦しみから恩恵を受けることはないだろう。しかし、私たちはそうではないことを知っている。


このような不都合はポジティブな結果をもたらすだけでなく、後々の大きな苦しみを防ぐこともあるのだ。心臓手術後の痛みは、手術を受けずに死ぬことに比べれば取るに足らないものだ。運動時の痛みは、将来の怪我や病気を防ぐのに役立つこともある。謝ったり許したりするときに耐える不快なやりとりは、人間関係や家族を維持する。苦しみを耐え忍ぶことは、後に大きな苦しみが生じるのを防ぐことがある。



苦しみが無意味に思えるとき― 無意味で不本意な苦しみはどうだろう。


明らかな身体の不調や病気以外では、自分や愛する人がなぜ苦しむのかを正確に知ることは不可能だ。個人的な苦しみの底知れぬ暗い瞬間の扉を開ける鍵は見つからないかもしれない。苦しみの理由は謎のままであることが多い。


私たちはしばしば、疑いや不確かさ、そして人生最大の苦悩を無意味だと断言する誘惑とともに生きている。しかし、私たちはこれらの誘惑と戦わなければならない。苦しみながらも信仰を持つことは、理屈をこねたり、どう考えても霧に包まれたままであろうことを過剰に分析したりするよりも、苦しい状況に対してはるかに健全な反応である。私たちは創造主ではなく被造物であり、したがって自身についてでさえすべてを知っているわけではない。私たちは、私たち自身を超越し、私たちよりも偉大な知恵と理解と力を持っている方に目を向ける必要がある。


新約聖書の中で、偉大なメシア派のラビであるサウロ(使徒パウロ)は、その手紙の中でこう叫んでいる。「神を愛する者たち、すなわち神の目的に従って召された者たちには、神がすべてのことを働かせて益としてくださるのです」(ローマ8:28)。信じるのは難しいかもしれないが、聖書は私たちに、苦しみの時に神を信頼し、魂の癒しのために神の臨在を求めるよう勧めている。神は、私たちが思っている以上に、私たちの苦しみに大きな目的を持っておられるのだ。預言者イザヤが書いたように、「わたしの思いはあなたがたの思いではない。天が地よりも高いように、わたしの道はあなたがたの道よりも高く、わたしの思いはあなたがたの思いよりも高い」(イザ55:8-9)


苦しみの究極の結末

それでも、"全き善にして全能の神が存在し、苦しみが存在するのなら、神は私の苦しみに解決策を与えてくださるはずだ "と言うのは正当なことだ。聖書によれば、神は私たちの救済者であり、贖い主である。この世の多くの苦しみは、ヘブライ語聖典が「罪」と呼ぶ人間の失敗から生じている。私たちにとってありがたいことに、神は私たちの罪が赦され(エレミヤ31:34)、私たちが変容され、霊的、道徳的、......そして内面から、神に似せて造り変えられる長いプロセスを始める道を備えておられる。イザヤが預言したように、しかし、主は私たちの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれ、私たちの幸福のための懲らしめが主の上に下った。私たちはみな羊のように道を踏み外し、ひとりひとりが自分の道を歩むようになった。(イザ53:5-6)


世の罪を負う苦難のメシアというこの預言は、メシアであるイエスにおいて成就した。イエスの死と復活によって、ユダヤ人も異邦人も信仰によって全人類の罪が赦されたのだから。もし私たちが自分の人生をイエスに委ねるなら、イエスはまた、私たちがイエスのようになるよう招いておられる。主がすべての涙をぬぐい去り、苦しみがなくなるとき、私たちは主の再臨を待ち望んでいる!

209 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page