Search
  • Victoria Trubek

聖書預言から見る、終末におけるイスラエル





📷 Shlomi Znati まず、中東と聖地の状況についてお伝えしたいと思います。残念ながらイスラエルについては、多くの誤った情報が流れています。メディアでは、イスラエルやユダヤ人に対する直接的な扇動がしばしば見受けられます。信者が普段からそうしたメディアに対して慎重で、信ぴょう性に欠ける情報に対しても事実確認を怠らず、すべてを鵜呑みにしないでいてくださることを、私は神に感謝しています。

イスラエルでは、2020年9月の「アブラハム合意」をめぐり、喜びの声が上がりました。イスラエル、アラブ首長国連邦、バーレーンの3カ国間で和平協定が結ばれたのです。調印して間もない協定ですが、関係構築には大きな進展がありました。イスラエルはUAEとバーレーンに公式大使を派遣しました。両国間には直行便があり、多くの経済関係があります。ここでは、両国の経済協力のすべてを紹介することはしませんが、重要な分野として、海水淡水化における提携を紹介したいと思います。イスラエルはこの分野では先進国のひとつと言われています。一方、UAEは砂漠が多く、夏場は非常に暑い国です。イスラエルと同様、水不足の危機に瀕しているのです。海水淡水化における協力は、両国のパートナーシップの一端を担っています。



アブラハム合意は、当地区の朗報の一つでした。和平合意と並行して、中東情勢はますます複雑化していくでしょう。イランは、宗教的な過激派の指導のもと、核兵器の開発を目指しています。イラン政権は、何のためらいも恥もなく、イスラエル国家を破壊する意思を表明しています。政権に所属するイランの新聞は最近、弾道ミサイルの矛先としてイスラエルの「標的地図」を掲載しました。


シリアとイラクでは、ISIS的な過激派組織が活動しています。これらの組織は、過激な意見を支持し、より穏健な地元住民や地域に住むキリスト教徒に害を及ぼしています。

もちろん、米軍撤退後のタリバンの強化は、この地域の安定を危険にさらしています。また、イランが資金援助するテロ組織ハマスが、南からイスラエルを脅かすように強化されているのも確認されています。同時に、北からは数万発のミサイルと戦闘機で武装したヒズボラというテロ組織がイスラエルを脅かしているのです。このように、中東情勢は非常に複雑です。



歴史上イスラエルの地は、何らかの形で表舞台に登場することがありました。イスラエル建国以来、この70年間、世界は他の何処よりもイスラエルの地に目を向けてきました。この状況に人々の関心が集まるのは、イスラエルは小さな国なのに、国連決議の3分の1がイスラエルに関するもので、ほとんどの場合がイスラエルに反対しているものだからです。


エルサレム市そのものはどうでしょうか。住民の合計は100万人に満たないのに、エルサレムは本当に世界の関心を集めているのです。信仰を持つ人々がエルサレムの平和を愛し祈っている一方で、ユダヤ人とイスラエル国家に対する憎しみが高まっています。反ユダヤ主義やイスラエルの非正当化という憂慮すべき現象が見られます。世界中のユダヤ人が、ユダヤ人として生まれたという理由だけで攻撃されているのです。


私たちは聖書から、終末の時代にイスラエルに対する前代未聞の攻撃が行われることをはっきりと見ています。この「終わりの時」の問題は、膨大で複雑です。今日は最も一般的な方法で、これらの出来事の連鎖を示すために、重要なポイントにだけ触れることにします。

預言者エゼキエルは、この紛争を予言していました:

神である主はこう言われる。「ロッシュとメシェクとトバルの王子、ゴグよ、見よ、わたしはおまえに立ち向かう。わたしはあなたの向きを変え、あなたのあごに鉤を刺す。あなたとあなたの全軍、馬と騎手、すべて華麗な服装の者、盾と大盾を持ち、すべて剣を振るう大軍、ペルシャと、クシュと、プテとその軍、すべての盾とかぶとを持つ者、ゴメルとその軍、北方の奥地からのベテ・トガルマとその軍、多くの民族はあなたと共にいる。」(エゼキエル 38:3-6)

この箇所では、預言者エゼキエルが、終末の時代にイスラエルを攻撃する国々について述べています。エゼキエルが言及した民族の子孫をすべて正確に特定することは困難ですが、その作業は可能です。

トガルマは東トルコですが、その他の国々はすべて旧ソ連のイスラム国家「〜スタン」国家です。ペルシャはイラン、クシュはスーダン、プテはリビアです。これらの国はすべて現在イスラム国家であり、将来イスラエルの地に攻め込んでくるのです。

この攻撃で、イスラエルは軍事力の力で攻撃者に打ち勝つことはできません。この戦争は、ユダヤ人に大きな苦しみをもたらし、多くの犠牲者を出し、エルサレムを包囲することになるでしょう。

占領者はエルサレムに定住し、戦利品を心地よく分配するでしょう。彼らは自分たちの勝利が完璧なものであることを確信することでしょう。抵抗勢力はありません。14章の預言者ゼカリヤは、財産の略奪だけでなく、その戦争に伴う破壊と道徳的不浄、すなわちレイプと人間の尊厳の破壊についての言葉を惜しまず述べています。この描写は、イスラエルに対する諸国の憎悪を強調するためのものです。

聖書によれば、その時、ユダヤの民は遂に自分たちのメシアに目を向け、呼び求めるようになるのです。預言者ゼカリヤは、ユダヤの民が刺し貫かれた者を見つめ、一人息子を悼むように嘆くときを待ち望んでいました(ゼカリヤ12:10)。この預言は、イスラエルが終末に悔い改め、メシアであるイエスに立ち返ることを明確に予言しており、それがイエスの再臨の前兆となるのです。

ゼカリヤ書2章9節から11節を一緒に読みましょう。

その日、わたしはエルサレムに向かうすべての国々を滅ぼすために動き出す。

わたしはダビデの家とエルサレムの住民に、恵みと嘆願の御霊を注いで、彼らが突き刺したわたしを見るようにし、一人息子を悼むようにわたしを悼み、長男を悼むようにわたしの為に激しく泣くようにする。(ゼカリア12:9-11)

この箇所では、神がイスラエルの残りの人々に御霊と恵みを注いでくださることが示されています。神の霊がイスラエルの残りの者たちの目を開き、彼らはついにイエス様を救い主、メシアとして見ることができるのです。そして、メシア・イエスはご自分の民を守るために来られるのです。

そして、真のメシアが平和なメシア王国を築かれます。イザヤは、真のメシアによって築かれる真の永続的な平和について、感動的な描写を書き残しました。

「彼は国々の間を裁き、多くの民のために判決を下し、彼らはその剣を鋤に、その槍を鎌に打ち直す。国は国に対して剣を振り上げることはなく、二度と戦争を学ぶことはない」(イザヤ2:4)。

結論として、イスラエルは霊的戦争の最前線にいます。聖書は、中東の情勢が良くなる前に悪くなることを明確に示しています。しかし、一旦良くなれば、私たちの想像を超えたものになるはずです。

さて、問題は、"今日、私たちは何をすべきか "です。

私は3つの行動を提案します。

第一に、平和の国が来るのをただ待つのではなく、平和のために祈らなければなりません。詩篇122篇6節に「エルサレムの平和のために祈りなさい」とあります。エルサレムの平和のために祈るということは、そこに住むユダヤ人、アラブ人、パレスチナ人、キリスト教徒など、すべての人のために祈るということなのです。



📷 Shlomi Znati

第二に、私たちは平和のために働かなければなりません。イエスは「平和を作り出す人は幸いである」と言われました(マタイ5:9)。

ユダヤ人とアラブ人が一緒になれるような活動はすべて重要です。ユダヤ人とアラブ人の学生の会合でも、そのような会合で相互に知り合い、生活に関連したさまざまなテーマで対話することができます。

私たちは、その平和のために、和平プロセスのために、できる限りのことをする必要があります。最終的な平和にはならないかもしれませんが、少なくとも部分的には、一時的な平和はあり得るのです。

📷Sharon Gabay 最後に、私たちにできる最善のことは、平和の君を宣べ伝えることです。

私たちは、イスラム教徒とユダヤ人の両方を含む国々に、メシアの良い知らせを伝える必要があります。戦争、テロ、恐怖に対して人々の心を変える唯一の希望は、個人がメシアであるイェシュア(イエス)を受け入れることです。彼だけが、私たちを主と、そして互いに、永久に和解させることができるのです。私たちが最も必要としているところ、つまり私たちの心に平和をもたらすことができるのは、イエス・キリストだけなのです。

私たちはアブラハム合意に感謝しています。一瞬の平和でさえ、苦労する価値があるからです。ユダヤ人やアラブ人が戦争やテロで死なない日は貴重です。しかし、私たちは「聖書の民」であり、聖書のレンズを通して人生と未来を見たいと考えています。私たちは、メシアが戻ってくる日が来ることを知っています。そして、平和の君が全地を支配する、その栄光の日を待ち望んでいるのです。

460 views0 comments