Search
  • ダビッド トゥルーベック

風を吹かせ、雨を降らせるお方

Updated: Jan 16, 2021

仮庵の祭り最終日の直後、宗教的なユダヤ人たちは祈りの中で雨を求め始めます。


彼らは毎日、ヘブライ語で「風を吹かせ雨を降らせるお方」を意味する「メシヴ・ハルアフ・ヴェ・モリッドゥ・ハゲッシェム」という祈祷文を祈り、暗唱します。この祈りは春に行われる過越の祭りまでずっと祈られます。


イスラエルを特徴付ける気候は、雨が全く降らない暑い夏(乾季)、気まぐれな移行期、雨の冬(雨季。高山では雪が降ることさえあります。)を特徴とする地中海性気候です。


イスラエルの雨季は、10月から4月までの約6ヶ月しか続きません。イスラエルの南部では、年間のほとんどの期間、雨は全く降りません。 降雨量はイスラエルの農業と家庭にとって重要です。


「神は王の王である」と宣言された直後になされるこの祈りは、死人をよみがえらせ、救う力があると信じられています。ユダ


ヤ教で雨とは、神の民に対する神の祝福と恵みを象徴しています。神はユダヤ人の霊的な脱落と目覚めを雨に例えているのだと私たちは考えます。


「さあ、主に立ち返ろう。主は私たちを引き裂いたが、また、癒やし、私たちを打ったが、包んでくださるからだ。 主は二日の後に私たちを生き返らせ、三日目に立ち上がらせてくださる。私たちは御前に生きる。 私たちは知ろう。主を知ることを切に追い求めよう。主は暁のように確かに現れ、大雨のように私たちのところに来られる。地を潤す、後の雨のように。」ホセア書 6章1~3節




8 views0 comments