Search
  • Victoria Trubek

ショファーの鳴り響く音

ショファーは動物の角から作られた金管楽器です。古くは、ショファーは音をたてたり、音楽を演奏したり、メッセージを伝えたり、危険を警告したりするための道具として使用されていました。私たちの時代において、ショファーはイスラエルの人々のただ中で、ロシュ・ハシャナとヨム・キプールの間にある10日間の悔い改めを求めているように感じます。


この10日間は「畏れの日」(ヘブライ語で「ヤミーム・ノライーム」)とも呼ばれます。「畏れ」という言葉は、この文脈では「恐ろしい」、または「畏敬の念を起こさせる」ことを意味しています。ユダヤの伝承によれば、この10日間に行われる悔い改めの度合いによって「命の書」に名が記されるかどうかが決まると伝えられています。


この悔い改めの期間になされる祈りは「スリコット」と呼ばれ、何千人ものユダヤ人が祈りのために嘆きの壁を訪れます。

スリコットは、さまざまな詩歌や祈りの総称です。これらの祈りの中心的モチーフは、悔い改めの表明と赦しの懇願です。スリコットの詩のいくつかは神殿崩壊と離散に関する嘆きと、イスラエルの地への帰還と贖いを求める祈りです。




17 views0 comments